「新たな音楽制作のロードマップが必要に」

B&W、「800 D4シリーズ」デビュー記念オンラインイベント。アビーロード・スタジオから

2021/09/02 ファイルウェブ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
イギリスのスピーカーブランドBowers&Wilkins(B&W)は、新しいフラグシップスピーカー「800 D4シリーズ」のグローバルローンチを記念して、日本時間9月1日深夜0:45から30分程度、アビーロード・スタジオからFacebookを使ったオンラインライブイベントを開催した。

アビーロード・スタジオのコントロールルーム2から生放送

イベントには、B&Wのプロダクト・マーケティングディレクターのアンディ・カー氏と、スタジオのゼネラル・マネージャーのジェレミー・ハッフルマン氏が登場。アビーロード・スタジオとB&Wとの深い繋がりと、新しいD4シリーズの魅力について語った。なお動画は、FacebookのBowers&Wilkinsページにてアーカイブ視聴が可能。

B&Wのプロダクト・マーケティングディレクター、アンディ・カー氏

アビーロード・スタジオのゼネラル・マネージャー、ジェレミー・ハッフルマン氏

アビーロード・スタジオは1931年に創立、今年で90周年を迎える歴史あるイギリスのレコーディングスタジオで、ジェレミー氏は10年ほど前からスタジオで働いているという。

ジェレミー・ハッフルマン氏は、以前からB&Wの800シリーズをレファレンスモニターとして使ってきたとのこと。その特徴について「音楽のディテールを非常によく把握することができ、解像度が高く、サウンドステージをよく描き出してくれる」とコメント。特にオーケストラではミュージシャンの息遣いまでも正確に伝え、まさにステージが「目に見えるかのように聴こえてくる」と、スタジオモニターとして長く評価されてきた理由を語る。

新しいD4シリーズについては、繰り返し「familiarization」な時間を過ごした、と表現していた。日本語にすると“より親しませる”というような意味だが、それぞれの音の特徴をよく掴むことができるようになった、と言葉を重ねた。

D4シリーズでは楽器の音がよりリアルに聴こえ、ギターやピアノや声のトラックを、そのまま自然に解釈できることを評価。「これは大きな変化で、これからの音作りには新しいロードマップが必要となるでしょう」と、B&Wのスピーカーの進化によって、今後の音楽制作にも変化が生まれる可能性を示唆した。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク