オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ピアノ+弦楽四重奏という編成

上原ひろみ、新作『シルヴァー・ライニング・スイート』9/8日本先行発売

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年07月20日
ジャズ・ピアニスト上原ひろみは、新プロジェクト「ザ・ピアノ・クインテット」名義による最新アルバム『シルヴァー・ライニング・スイート』を9月8日、日本先行で発売する。初回限定のSHM-CD2枚組と、通常版SHM-CD、それにSACD-SHM仕様の3種類での発売となる。

上原ひろみ THE PIANO QUINTED『シルヴァー・ライニング・スイート』

価格は以下の通り。
・初回限定盤 SHM-CD2枚組 3,630円(税込) UCCO-8042/3
・通常盤 SHM-CD 2,860円(税込) UCCO-1231
・SACD〜SHM仕様 4,400円(税込) UCGO-9056

今作はピアノ+弦楽四重奏という編成で、2020年のコロナ禍の自粛期間中に書き下ろした4パートからなる組曲「シルヴァー・ライニング・スイート」を筆頭に、自身のSNS企画『One Minute Portrait』で発表した楽曲、過去のオリジナル曲をこのプロジェクトのために新たに編曲し収録。

ストリングスは新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート・マスターである西江辰郎を中心とするカルテットで、新鮮な上原ひろみサウンドを披露する。

なお、初回限定盤のボーナスCDには、2020年9月のブルーノート東京での全編バラード楽曲で構成したソロ・ピアノ・ライブの音源を収録している。

アルバム発売後の11月〜12月にかけて、全国ツアー「上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット JAPAN TOUR 2021 “SILVER LINING SUITE”」も開催予定となっている。

関連記事