オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
人気モデル「A80」を一回りサイズアップ

AIRPULSE、12.7mmウーファー搭載のアクティブスピーカー「A100 BT5.0」

編集部:成藤 正宣
2021年02月19日
ユキムは、同社取り扱いブランドAIRPULSEから、12.7mmウーファーとホーンロード・リボントゥイーターを搭載したフルデジタルアンプ内蔵アクティブスピーカー「A100 BT5.0」を4月より発売する。

カラーバリエーションはブラック/レッドの2色。価格はオープンだが、市場ではブラックが税抜99,000円前後(ペア)、レッドが税抜105,000円前後(ペア)での実売が想定される。

「A100 BT5.0」(ブラック/レッド)

昨年発売した従来モデル「A80」をひとまわりサイズアップし、より大型の12.7mmアルミニウム・コーン・ウーファーを搭載したモデル。ウーファーの振動板には硬質アルマイト処理を施したアルミニウム合金コーンを採用。強力な磁気回路とパワーロスの少ない35mmアルミ・ボイスコイルにより、音楽をリアルかつよりダイナミックに表現するとしている。また磁気回路まで覆うダイキャスト・マグネシウム合金フレームがユニットの振動を抑え、ボイスコイルの放熱を促進する。

「A80」よりもひとまわりおおきな12.7mmウーファーを搭載し、低域を強化

高域には、強力なネオジウム・マグネットでドライブされるホーンロード・アルミニウム・リボントゥイーターを搭載。綿密に計算されたホーン形状によりリスナーにとって最適な高周波情報を生成するとともに、反射による影響を最小限に抑制。ワイドレンジで高感度、優れた過渡応答と解像度を実現したという。

トゥイーターにはホーンロード・リボントゥイーターを採用

増幅段はテキサス・インスツルメント製クラスDアンプ「TAS5754」2基を採用し、ウーファー/トゥイーターにブリッジモードで接続。最大でPCM 192kHzまでの入力に対応し、高感度リボン・トゥイーターの駆動にも適した768kHzの高いPMWキャリア周波数を実現している。

エンクロージャーは厚さ18mmの高強度MDF製で、外装は高級感のあるハイグロス・フィニッシュ、内部にはプロ仕様の波状吸音材を貼り込む。また、背面には風切り音を最小限に抑えるようデザインされた楕円形バスレフ・ポートや、Treble/Bass調整ダイアルなどを備えたリアパネルを搭載する。その他、内部配線はハンダ直付けにこだわると共に、ハイエンドブランド・トランスペアレント製ケーブルを採用する。

リアパネル

入力端子はUSBデジタル/光デジタル/アナログRCA/PC、出力端子はサブウーファー出力を搭載。Bluetooth 5.0にも対応し、aptXコーデックをサポートする。

再生周波数特性は52Hz - 40kHz。外形寸法は160W×255W×283Dmm、質量は1本5.5kg。

関連リンク

関連記事