オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新開発のトランジスタ「ESOTERIC SJ-BJT01」を搭載

エソテリック、旗艦モノラルパワーアンプ「Grandioso M1X」。税抜240万円

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年02月12日
エソテリックは、同社のフラッグシップとなるモノラルパワーアンプ「Grandioso M1X」を発表した。価格は2,400,000円(1台/税抜)、4月1日発売となる。

ESOTERICのモノラルパワーアンプ「Grandioso M1X」

「Grandioso M1X」は、2013年に発売となったGrandioso M1の進化モデルで、パワーアンプの素子に独自のスーパージャンクション・バイポーラトランジスタ「ESOTERIC SJ-BJT01」を搭載。高耐圧と低オン抵抗を両立させた素子で、電流の大小に関わらずスムーズな電流の流れをもたらし自然な音楽再生を実現するという。

新トランジスタ「ESOTERI SJ-BJT01」

電圧増幅段にはコアサイズ3000VA超の大型カスタムトロイダルコアトランスを搭載、電流増幅段の電源部には60,000μFのカスタムコンデンサを搭載、8Ωで300W、2Ωで1,200Wという大出力を実現している。

Grandioso M1Xの内部。巨大な専用トランスとカスタムコンデンサ、またヒートシンクが目を惹く

入力端子はRCAアンバランス×1、XLRバランス×1のほか、ES-LINK analogも1系統搭載。ES-LINK analogには、Grandioso C1Xで開発した集積型アンプモジュール「IDM-01」を搭載している。

Grandioso M1Xのリアパネル。RCA、XLR、ES-LINK analogを搭載する

電源・アンプ基板の銅箔に従来比3倍の105μm厚の低インピーダンス品を採用、機械接点の影響を受けないFET素子を用いたオーディオ信号制御を行っているという。

シャーシは剛性の異なるメインとボトムのハイブリッド構成で、トップパネルはセミフローティングとなっている。サイズは491W×221.5H×535Dmm、質量は63kg。

関連記事