オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ワイヤレススピーカーの市場拡大に期待

JBL、防水・防塵対応のBluetoothスピーカー「JBL GO3」を発表。ロゴも「JBLボールド」に刷新

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年10月21日
JBLより、Bluetoothスピーカー「JBL GO3」が発売となる。価格はオープンだが、JBLオンラインストアの販売価格は4,380円(税抜)。11月13日発売(ホワイトとオレンジは11月下旬を予定)。

JBL GO3

「JBL GO3」は、全世界累計で3,200万台の販売台数を誇るJBL GOシリーズの最新モデル。「GO3」には新設計の43mm×47mm径フルレンジユニットとパッシブラジエーターを搭載。防水・防塵機能を搭載しIP67を取得、アウトドアユースやお風呂スピーカーとしても利用可能だという。

本体は電源ボタンとBluetoothペアリングボタンのみ

サイズは87.5W×75H×41.3Dmmで、質量は約209g。デザインもファブリックをあしらった新設計で、落下防止用のストラップも付属している。ボディの底には滑り止めグリップを採用。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、オレンジ、ピンクの6種類。ロゴも「JBLボールド」という太字のロゴに刷新されている。

カラーバリエーションは6種類用意

Bluetoothのバージョンは5.1、対応コーデックはSBC。リチウムイオン充電池で駆動し、USB-TypeCから充電可能。約2.5時間の充電で約5時間の音楽再生が可能としている。最大出力は4.2W、周波数特性は110Hz - 20kHz。

プロダクト&マーケティングの濱田直樹さんは、JBLのポータブルスピーカーの市況について、「小型モデルのGOシリーズから、充電が可能なCHARGEシリーズ、アウトドア用のモデルなど、幅広いサイズ・機能をラインナップすることで、消費者のニーズを掴むことができた」と説明。また、昨今のSNSの流行を踏まえ、音だけでなく光でも「映える」PULSE4やPARTY BOXシリーズなどが人気を博しているという。

SNS映えという面からも注目されるPULSE 4シリーズ

2019年はストリーミングサービスが日本でも飛躍的に拡大した年でもあるが、ユーザーの主流は「スマートフォンでの視聴」という調査結果も出ており、ワイヤレススピーカーには大きな伸び代があると考えているという。

またコロナ禍で生活のスタイルが変化していく中で、仕事中に音楽を聴いたり、家族と共有して楽しむ時間も増えている。「音楽で空間を演出する」という意味でも、ワイヤレススピーカーのさらなる拡大が期待できるとしている。

関連記事