オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
レコード風ジャケット自作キットも

Verbatimのレコード風CD-R「Phono-R」がデザイン変更、耐久性も強化

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年07月01日
アイ・オー・データ機器は、日本での総代理店を担当するVerbatimブランドより、レコード風デザインのCD-R「Phono-R」新商品を発表した。

レコード風のデザインが特徴のCD-R「Phono-R」

音楽用CD-Rとデータ用CD-Rをそれぞれラインアップ。価格はオープンだが、「カラーMIX」バージョン、インクジェットタイプともに10枚入で税込980円、30枚入りスピンドルで税込1,480円での実売が予想される。発売は8月1日を予定。

また、同時にレコード風のCDジャケットが作成できる「CD Jacketデザインキット」を発売。レコード風のジャケットデザインを自作できる簡易ツールとなる。こちらも価格はオープンだが、EPレコード風7インチ(185mm×185mm)、CDサイズ(135mm×135mm)ともに税込480円での実売が予想される。発売は同じく8月1日を予定。

レコード風ジャケットを自宅できる専用キット

Phono-Rは「レコードを保存するためのCD-R」をコンセプトとした商品で、盤面がレコードデザイン風となっており、黒い面には溝も刻まれている。また、中央のラベル部分は従来モデルからデザインを変更し、レッド・パープル・ブラウン・グリーン・ブルーの5色を用意。フェルトペンで書き込みができる。中央面がホワイトのインクジェットタイプはインクジェットプリンターで印刷ができる。

カラーバリエーションは5色用意。レコード風の音溝も刻まれている

CD-Rには優れた耐久性を持つ「AZO色素」を初採用し、長期保存においても劣化しにくくなっている。また、ケースには10mm幅の透明ケース、黒色トレイを採用し、紫外線からCD-Rを保護する。

10mm幅のジュエルケースに、紫外線の影響を避けるためトレイは黒色を採用

CD Jacketデザインキットには紙ケースとジャケット用のシール、CDを保存できる台紙が同梱されている。専用サイトにジャケットの表面・裏面のデータをそれぞれアップロードすると、印刷データとして出力される。プリンターで印刷し、紙ジャケットに貼りつけることで7インチEP風もしくはCDサイズのミニレコード風の紙ジャケットを自由に作成できる。

EPジャケットデザインキットの中身。専用シールで紙ジャケ風のオリジナルCDケースを自作できる

関連記事