オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
市場在庫のみの販売

市川宝石、オーディオ事業JELCOの休業を発表。新型コロナの影響受け

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年06月01日
市川宝石は、JELCO事業部およびオーディオアクセサリー事業部の休業を発表。製品については市場在庫のみの販売となる。なお、市川宝石の会社自体は存続する。

JELCO公式サイトには「新型コロナウイルス感染拡大による社会情勢」に伴うものと説明されている。JELCOの国内販売を担当するKRYNAの鈴木孝夫氏は、「トーンアームの金属加工や曲げを担当する職人の高齢化により、今後の製造が難しくなってしまった」ことが休業の原因と語る。

創業100周年記念モデルとなるトーンアーム「TK-950 MKII」シリーズも市場在庫限りとなる

なお、シェルリード線やヘッドシェルといったアクセサリー類は、ある程度在庫もあり、KRYNAを通じて今後も販売されるとのこと。

JELCOはラックスマン「PD-171」「PD-151」などのトーンアームの製造を手がけてきた。海外ブランドのトーンアームのOEM事業も行なっているが、海外向け製品の新規受注はすべて停止となっている。

関連リンク

関連記事