オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「パジェットをセーブしつつSAMシステムのアドバンテージを利用可能」

ジェネレック、スピーカー/室内音響補正キット/ボリュームコントローラーのバンドルセット

編集部:杉山康介
2020年03月23日
ジェネレックジャパンは、同社のアクティブスピーカー「8320APM」「8330AP」のペアと、ネットワークアダプターキット「GLM Kit」、ボリュームコントローラー「9310AM」をセットにしたバンドルモデル「8320APM GLM Studio」「8330AP GLM Studio」を、3月26日より発売する。価格はオープンだが、8320APM GLM Studioは165,000円前後、8330AP GLM Studioは231,000円前後での実売が予想される。

8320APM GLM Studio

8330AP GLM Studio

8320APMは4インチウーファーと3/4インチトゥイーターを、8330APは5インチウーファーと3/4インチトゥイーターを搭載する、SAM(Smart Active Monitoring)テクノロジー採用アクティブスピーカー。単体での市場予想価格はそれぞれ8320APMが税込77,000円前後(1基/ダークグレー)で、8330APが税込110,000円前後(1基/ダークグレー)。

GLM KitはGLMネットワーク・アダプター、8300Aキャリブレーション・マイクロフォン、マイク・ホルダー、USBケーブル、クイック接続ガイドが同梱されたキット。これでPCとSAMスピーカーを接続することで、手動でのシステム設定やキャリブレート、コントロール、自動キャリブレーションが可能となる。

カラーはダークグレーのみをラインナップ。同社は「本パッケージで、バジェットをセーブしつつSAMシステムのアドバンテージを即座に利用でき、室内音響の影響を補正して最適なステレオ・モニタリング環境を手に入れることが可能」だとアナウンスしている。

関連記事