オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
導体断面積が異なる2モデル

キャメロット・テクノロジー、PC-Triple C導体採用の電源ケーブル「POWER MASTER ARTHUR」

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年03月16日
サエクコマース(株)が取り扱うアメリカ・Camelot Technology(キャメロット・テクノロジー)より、PC-Triple C導体を採用した電源ケーブル「POWER MASTER ARTHUR」シリーズ2モデルが発売される。3月26日より発売開始。


導体断面積が5.5平方ミリメートルの「PM-ARTHUR 5」

導体断面積が3.5平方ミリメートルの「PM-ARTHUR 3」
価格は、「PM-ARTHUR 5」は450,000円(2.0m/税抜)、420,000円(1.5m/税抜)、「PM-ARTHUR 3」が375,000円(2.0m/税抜)、360,000円(1.5m/税抜)。

「PM-ARTHUR 5」と「PM-ARTHUR 3」は導体断面積が異なり、「PM-ARTHUR 5」は5.5mm2、「PM-ARTHUR 3」は3.5mm2となっている。許容電流は両モデルとも15A。

「POWER MASTER ARTHUR」シリーズでは、電源ラインにおよびす電磁波干渉や電波干渉を低減させるフラックスパワーコンディショナーを搭載している。銅箔シールドとEMS対策特殊編組ジャケットによる2重シールドを施し高周波ノイズの不要輻射を削減。プラグにはフルテック製を採用している。

関連リンク

関連記事