外部ノイズを遮蔽し音質向上狙う

愛用ケーブルに巻きつけるだけでマグネシウム仕様に変貌。サンシャイン「Spiral Exciter」を試す

柴崎 功
2020年03月24日
愛用ケーブルに世界特許技術であるマグネシウムシールドを装着できる。そんな期待のアイテムがサンシャインより登場した。装着は簡単でINとOUTを付属のマジックテープで止めるだけ。外部からの様々なノイズを遮蔽し、音質を向上させるという画期的なアイテムとなっている。その効果はいかなるものか?柴崎 功によるレポートをお届けしよう。


SUNSHINE ケーブル対策アクセサリー Spiral Exciter ¥14,500(1本・税抜)

●構造:幅8mm、厚さ4mmの楕円形シース「熱可塑性エラストマー」の中に、厚さ0.1mm幅3mmのAZ31マグネシウム合金シールドが入った線材5mを内径12mmでカールさせた全長約65cm仕様


縦横の振動対策とともにノイズ対策にも効果を発揮

マグネシウムとその応用技術に造詣の深いサンシャインから、ケーブルの「横振動」だけでなく「縦振動」も制振し、マグネシウム箔による電磁シールド効果で磁気ノイズも低減する、画期的なスパイラル状音質改善アイテム「スパイラルエキサイター」が登場した。

これは幅3mm、厚さ0.1mm、長さ5mのマグネシウム合金箔AZ31を塩ビ系熱可塑性エラストマーで覆った幅8mm厚さ4mmの線材を、内径12vでカールさせて全長65cmにした物で、実測質量は156gだ。スパイラルの両端には約5cmの直線部分があり、スパイラル部をケーブルに巻き付けた後、ここを付属のマジックテープでケーブルに固定する。

ケーブルの振動は屈曲する横振動が注目され、横振動を抑え込むことにばかり注意が払われがちである。しかしケーブルが長さ方向に伸縮する「縦振動」も音質劣化の大きな要因で、縦振動の抑制が音質改善に結びつく。

またマグネシウム合金AZ31は導電性が高いので、磁力線が箔を通過しようとすると渦電流によるキャンセル磁界が発生して、磁気ノイズを遮蔽する電磁シールド効果がある。マグネシウム合金箔は電気的に浮いているので、可聴帯域ノイズに対しては静電シールド効果はない。しかし箔と大地間には浮遊静電容量があるので、放送電波や通信電波などの高周波ノイズに対しては静電シールド効果が期待できる。

つまりスパイラルエキサイターは、縦振動抑制効果、横振動抑制効果、電磁シールド効果、および高周波ノイズに対する静電シールド効果がある、画期的なケーブル音質改善アイテムなのである。


瞬発力と制動力が強化し、演奏の熱気が格段に向上

スパイラルエキサイターを信号ケーブルや電源ケーブルに装着すると、瞬発力と制動力が強化され、低域の量感が増して演奏の熱気が格段に向上する。この音を聴けば、「正にスパイラルエキサイターというネーミングがピッタリ!」と思うはずだ。

しかもケーブルの癖が激減して質感が自然になる。その効果は物量を投入した太く重い高級ケーブルはもちろんのことだが、どちらかと言うと質素な造りの低価格ケーブルはより効果が顕著。スパイラルエキサイターを装着すると、低価格ケーブルが物量を投入した高級ケーブル並みの高音質に激変する。ケーブルを買い替えたい人は、その前にぜひスパイラルエキサイターを試していただきたい。



本記事は季刊・オーディオアクセサリーvol.176 Springからの転載です。本誌の詳細および購入はこちらから

関連記事