オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最新刊『analog vol.63』にて詳細なレポートを掲載中

アンダンテラルゴ、スパイクベース「Silent Mount」に“最終仕様”の「Xシリーズ」

季刊・analog編集部
2019年03月15日
アンダンテラルゴ(株)は、同ブランドから発売されているオリジナルのスパイクベース「Silent Mount(サイレントマウント)」の最新バージョンとなる“Xシリーズ”の発売を開始した。

「サイレントマウント」の集大成バージョンとなるXシリーズ

■スパイク付きオーディオラックラック、コンポーネント用(50mm径)
(1)「SM-5TX」(70,000円/4個・税抜)チタン製ポリッシュ仕上げ
(2)「SM-5X」(33,000円/4個・税抜)通常モデル(ブラックのみ)

スパイク付きオーディオラック、コンポーネント用(50mm径)、チタン製ポリッシュ仕上げの「SM-5TX」

■スピーカー専用(70mm径)
(3)「SM-7X」(42,000円/4個・税抜)鋭角スパイク用(ブラックのみ)
(4)「SM-7FX」(48,000円/4個・税抜)広角スパイク用(ブラックのみ)

スピーカー専用(70o)の鋭角スパイク専用モデル「SM-7X」。カラーはブラックのみ

サイレントマウントは2008年の誕生以来、形状を進化させながらロングセラーを記録してきたスパイク受け。ラインナップは、50mm径でスパイク付きオーディオラックとコンポーネント専用の“SM-5シリーズ”と、70mm径でスピーカー専用の“SM-7シリーズ”の2種類。今回のXシリーズはその全モデルに関してフルモデルチェンジを行っている。

スパイク付きオーディオラック、コンポーネント用(50mm径)の通常モデル「SM-5X」カラーはブラックのみ

まずSM-5シリーズをベースに、チタン製ポリッシュ仕上げの上位モデル「SM-5TX」とレギュラーモデル「SM-5X」の2種類を用意。この2モデルは仕上げの違いだけでなく、溝の配置や形状も異なり、チタン仕様は側面にも溝を施すなど差別化が図られている。

チタン仕様の「SM-5TX」は通常モデルとは素材や仕上げだけでなく、裏表面の溝等の形状が異なり、サイドにも溝を施した専用設計となっている

一方、SM7シリーズは、鋭角スパイク用の「SM-7X」と広角スパイク用の「SM-7FX」の2モデルをラインナップ。 “広角スパイク” とはJBLやタンノイ等の大型スピーカーに主に採用されているスパイクを示す。このSM-7Xシリーズに関しても、従来モデルに比べ、正面、裏面、側面の溝の配置や形状を音質のためにさらに追求した仕様となっている。

スピーカー専用(70mm)の広角スパイク専用モデル「SM-7FX」。JBLやタンノイの大型スピーカー等に付属するスパイク専用モデル。こちらもカラーはブラックのみ

「開発から12年の間、改良に改良を重ね、もうこれ以上はない。やりつくした感がある」と同社の代表であり開発者の鈴木 良氏が語る、最終仕様の]シリーズ。その効果に関しては、3月15日から発売が開始された『analog vol. 63』にて詳細なレポートを掲載している。こちらも併せてご参照いただきたい。

最新刊『analog vol.63』にて

3月15日発売の最新刊『analog vol.63』(定価1,590円)

関連記事