オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最新デュアルコンセントリックドライバーを搭載

TANNOY、スピーカー “Revolution XTシリーズ” に新色「ピアノブラック」を追加

編集部:平山洸太
2018年12月25日
エソテリック(株)は、同社が取り扱うTANNOY(タンノイ)のスピーカー “Revolution XT” シリーズに新色「ピアノブラック」仕上げを追加。12月28日から発売する。

フロアスタンディング型
・「Revolution XT 8F B」¥176,000(税抜・1台)
・「Revolution XT 6F B」¥132,000(税抜・1台)

Revolution XT 8F B(ピアノブラック)

Revolution XT 6F B(ピアノブラック)

ブックシェルフ型
・「Revolution XT 6 B」¥154,000(税抜・ペア)
・「Revolution XT Mini B」¥106,000(税抜・ペア)

Revolution XT 6 B(ピアノブラック)

Revolution XT Mini B(ピアノブラック)

センタースピーカー
・「Revolution XT C B」¥105,000(税抜・1台)

Revolution XT C B(ピアノブラック)

追加されたピアノブラック仕上げは、従来からラインナップされている、「ミディアムオーク」「ダークウォルナット」の2色と比較し、1〜1.6万円ほど価格が高くなっている。

いずれも内部ユニットには、新ユニットを搭載する。Revolution XTシリーズ共通の特徴である、TANNOY独自の「デュアルコンセントリック(同軸2ウェイ)」ドライバーに設計変更を施し、「オムニマグネット・デュアルコンセントリック」ドライバーテクノロジーを新しく投入した(関連ニュース)。

関連記事