オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
直販サイト限定販売

クリプトン、漆塗りのブックシェルフスピーカー「KX-0.5UR/UB」。西陣織のサランネット採用

PHILE WEB編集部
2018年09月14日
(株)クリプトンは、漆塗りのエンクロージャーと西陣織の絹サランネットを採用したブックシェルフススピーカー「KX-0.5UR」「KX-0.5UB」を10月下旬に直販サイト限定で発売する。価格はどちらも400,000円(税抜/ペア)。

「KX-0.5UB」

「KX-0.5UR」

本製品は漆塗りのエンクロージャーと西陣織の絹サランネットが特徴のスピーカーで、2ウェイ密閉型。朱塗り仕上げの「KX-0.5UR」と、溜塗仕上げの「KX-0.5UB」の2モデルがラインナップされる。過去、同社が発売した漆塗りスピーカー「KX-3UR/UB」同様、漆を刷毛で塗り、乾燥させて木炭で研ぐ、伝統的な技法が使われているとのこと。

同社の技術と伝統工芸を融合したモデル

外装の漆塗りには伝統的な技法を用いたという

エンクロージャーには針葉樹系のパーティクルボードとMDF(リアボード)の高剛性・密閉型エンクロージャーを使用。従来の化学塗料による塗装に対し、漆は植物樹脂の塗料のため、木製のエンクロージャーとの親和性が高く、潤いのある音でありながらS/N感のよい再生が楽しめるという。

漆による外装が音質にも影響する

西陣織のサランネットは透過性がよく、スピーカーから出る音に影響が少なくなるように設計。同社は「マスキングのない高品位で、まさに“絹ごし”の滑らかで芳醇な音を楽しめる」と表現している。

西陣織サランネットを装着した状態

ウーファーには140mmのカーボンポリプロピレンコーン型ウーファーを搭載。能率を高めた大きな駆動力と大振幅時の磁気回路はずれに対応した、歪みの少ないウーファーとのことで、低域共振周波数は35Hz、システムの再生共振周波数を50Hzとすることにより、躍動する伸びやかで豊かな低音再生を目指した。

トゥイーターに搭載した35mmのピュアシルク・リングダイアフラム型トゥイーターには、透明感を高め、広域周波数レンジ拡大を図る砲弾型イコライザーを採用した。ハイレゾ再生のために50kHzまでの帯域再生を可能としており、広がりのある音楽性豊かで艷やかなハイレゾ音源を再生するとする。

またウーファー/トゥイーターともに、磁気回路にはアルニコライク・フェライトマグネットを採用。味わいがあり密度感の高い、深みのある音をねらった。

ネットワークには抵抗値の低い1.2mmのOFC(無酸素銅)線を使用した空芯コイルと、ケース入りのピッチ材により振動を抑えた低損失メタライズドフィルムコンデンサーなどのネットワーク素子を採用するほか、素子の結線にはハンダフリーのかしめ方式を用いた。

吸音材には天然ウールの低密度フェルトを採用。ウーファーの低域特性に加え、低域制動を調整することにより、トランジェントの良い、豊かで伸びやかな低域再生を実現するという。

これらのこだわりにより、スピーカーユニットの音質を極限まで引き出し、音楽のピアニシモからフォルテシモまでだけでなく、音場感もピュアな再現を目指した。

外形寸法は194W×352H×319Dmm、質量は7.6kg。再生周波数帯域は50Hz - 50kHz、クロスオーバー周波数は3.5kHz、インピーダンスは6Ω。また定格入力は40W、最大入力は120Wで、出力音圧レベルは87dB/Wm。

関連リンク

関連記事