オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最新ファームウェアにて本日から

エソテリックのネットワークプレーヤー/トラポ「N-05」「N-03T」がMQAに対応

編集部:小澤貴信
2018年06月14日
エソテリックは、ネットワークプレーヤー「N-05」(関連ニュース)とネットワークトランスポート「N-03T」(関連ニュース)が本日MQAに対応したと発表した。

「N-05」

「N-03T」

いずれも、ネットワーク再生を操作するiPad/iPhone用アプリ「ESOTERIC Sound Stream」による自動更新によってMQAに対応する。

N-05はMQAのフルデコード(最大352.8・384kHz)に対応。また、MQA再生はイーサネット端子経由のネットワーク再生、およびUSB-A端子経由でのUSBストレージ再生のみが対応しており、USB入力・光・XLR入力ではMQAデコードは行えない。

またN-03はトランスポートとなるため、MQAの仕様に基づき、MQAのデコードは88.2kHzおよび96kHz(いわゆるコアデコード)までの対応となる。従って、MQAのフルデコードに対応したD/Aコンバーターを組み合わせれば、残りのデコードが行えるはずだ。

関連記事