オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
価格は78万円

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。専用アプリも

編集部:風間雄介
2018年02月02日
エソテリック(株)は、同社初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」を2月15日に発売する。価格は78万円。

同社が「エソテリックとして新カテゴリーの機種」としてティザー告知していた製品(関連ニュース)。デジタル出力に特化したネットワークトランスポートで、NAS内の音楽データに本機からアクセス。単体DACやDAC内蔵機器にUSBなどでデジタル接続して音楽を再生する。

ESOTERIC「N-03T」

再生対応フォーマットはDSF、DSDIFF、FLAC、Apple Lossless、WAV、AIFF、MP3、AAC。USB出力時には最大でDSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bitの再生に対応。また全てのロスレスフォーマットでギャップレス再生が行える。

本機の使用イメージ

また出力はUSBのほか、XLRとRCAも1系統ずつ装備。XLR/RCAでは192kHz/24bitまでのPCM、DSD 2.8MHz(DoP)出力に対応している。そのほかクロック入力端子(BNC)も備えている。

背面端子部

ネットワーク再生専用のコントロールアプリ「ESOTERIC Sound Stream」も用意。当初はiOSアプリが用意され、Android版は現在開発中という。タブレットやスマホからNAS内の楽曲ライブラリにアクセスし再生指示したり、プレイリストを作ったりなどの操作を、初心者でもストレスなく行えるという。

専用アプリ「ESOTERIC Sound Stream」も用意

またアプリは、タグ情報をフル活用した高い検索性も備えているとのこと。画像をアプリ内にキャッシュするため、アルバムアートワークのスクロールが滑らかに行えるほか、録音年代別、作曲者別、カテゴリー別などライブラリーの並べ替えも瞬時に行えるとしている。

なお音楽再生については、前面と背面にUSB端子を2端子搭載。USBストレージ内の音楽データを再生することもできる。さらにいくつかの音楽ストリーミングサービスともパートナーシップを締結しているとのことで、ウェブサイトにはTIDAL、Qobuz、Roon Ready、Spotifyのロゴが表示されている。これらは「準備が整い次第、順次対応を予定」しているという。

音質を高めるため、ネットワークモジュール用とその他デジタル回路用に電源を分け、それぞれに独立した大容量トロイダルトランスを搭載した。また大容量フィルターコンデンサー、ショットキーバリアダイオード、ネットワークモジュール専用電源に装備された1F(1,000,000μF)の大容量スーパーキャパシター「EDLC(Electric Double-layer Capacitor)」も備え、音質向上に寄与しているという。

筐体の剛性を高める工夫も徹底。ボトムシャーシに2枚の鋼板(5mm/2mm)を使ったデュアルレイヤー構造を採用しているほか、電源トランスとその他の部品を別のレイヤーに立体配置し相互干渉を排除。また各レイヤーにスリット加工を施すことで振動を減衰させている。

外形寸法は445W×131H×360Dmm、質量は約17kg。なお同社は、2月6日にも新製品を発表することを告知している。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドESOTERIC
  • 型番N-03T
  • 発売日2018年2月15日
  • 価格¥780,000(税抜)

関連記事