オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
取り扱いはオーディエンスジャパン

米AUDIENCEブランド製品の輸入開始、スピーカーとケーブルが主軸

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2018年05月15日
アメリカのオーディオメーカーAUDIENCE(オーディエンス)の製品が輸入開始された。取り扱いはオーディエンスジャパン(株)。

AUDIENCEの前身は、1979年に現社長のJohn McDonald(ジョン・マクドナルド)と、エンジニアでありハイファイ愛好家だったRichard Smith(リチャード・スミス、故人)の2人が興したSidereal Akustic Audio Systems(サイデリアル・アクースティック・オーディオ・システムズ)社。ここに設計技師のRoger Sheker(ロジャー・シェーカー)が加わり、1997年にAUDIENCE社が設立された。

AUDIENCE John McDonald

現在、AUDIENCEではスピーカーシステム、オーディオケーブル、パワーコンディショナーをラインアップに持っている。

発売中の『季刊・オーディオアクセサリー168号』では日本初登場のオーディオケーブル「Au24 SX」シリーズと電源コンディショナー「aR6-TSSOX」を紹介。5月21日発売の『季刊・オーディオアクセサリー169号』ではスピーカーシステム「The ONE V2+」「1+1 V2+」の試聴レポート、およびJohn McDonaldのインタビューを掲載している。ぜひご覧いただきたい。

「The ONE V2+」

「1+1 V2+」

関連記事