オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
カートリッジの違いも楽しめる

人気ドーナツ盤を「Air Force III」で再生しハイレゾ化、e-onkyoが独占先行配信

編集部:風間雄介
2018年04月27日
e-onkyo musicは、渡辺音楽出版(株)とコラボレーションし、往年の名曲をハイレゾ化する「アナログ・レコード再生プロジェクト」の独占先行配信を開始した。

アナログ・レコード再生プロジェクト 第一弾の4タイトル

渡辺音楽出版が持つ数多くの楽曲の中から、特に人気の高い楽曲のドーナツ盤をピックアップ。それらのレコード盤を、音元出版協力のもと、ハイエンドなアナログターンテーブルとカートリッジで再生してハイレゾ化。その音源をe-onkyo music で独占先行配信している。

第1弾はザ・ドリフターズ、石川ひとみ、アグネス・チャン、植木等の、4組のアーティストの楽曲を配信している。

アナログ・レコードの再生機器には、TechDASのリファレンス・アナログ・ターンテーブル「Air Force III(エアフォーススリー)」を使用。カートリッジにはDS オーディオ社製光電式カートリッジ「DS-W2」と、My Sonic製のMC 型ステレオカートリッジ「Signature Gold」の2種類を使用し、それぞれのカートリッジを用いたバージョンで収録している。

カートリッジによるサウンドの違いが楽しめるほか、高精細で臨場感あふれるハイエンド機器のサウンドを、ハイレゾ音源として楽しめる。今後のラインナップとして、加山雄三、小柳ルミ子などを予定しているという。

関連記事