オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新Premiumシリーズ

PIEGA、新開発リボントゥイーターを初搭載したスピーカー「Premium 701」など3機種

編集部:小澤貴信
2018年02月01日
フューレンコーディネートは、同社が取り扱うPIEGAのスピーカーシステム「Premiumシリーズ」3機種を2月15日に発売する。

・「Premium 701」¥780,000/ペア(税抜)
・「Premium 501」¥550,000/ペア(税抜)
・「Premium 301」¥310,000/ペア(税抜)

Premium 701とPremium 501は2.5ウェイ・フロア型/バスレフ型スピーカー、Premium 301は2ウェイ・ブックシェルフ型/バスレフ型スピーカーで、いずれも従来のPremiumシリーズの後継となるモデル。最新のスピーカー設計と剛性を30%向上させたアルミニウムキャビネットを採用している。また最上位モデルは同社オリジナルのリボントゥイーターの最新モデル「LDR 3056」を初採用している。

Premium 701

3機種共にエンクロージャーを刷新。最新の設計テクノロジーを採用すると共に、押し出し加工によるアルミニウム製キャビネットの剛性を30%強化した。アルミを研磨した外観の仕上げについても、さらに美観を向上させたという。

フロントカバーは、C型キャビネットのフォルムに合わせて取り付けられるよう、スイスのデザイナーであるStephan Hürlemann氏が新設計している。

シリーズ最上位のPremium 701については、PIEGAが新開発した「LDR 3056」リボントゥイーターを初採用した。このリボントゥイーターには、同社のラインソース・ドライバーと、第二世代の同軸システムの研究開発中に得られたノウハウが活用されているという。

リボンの極めて薄い振動膜は、新開発のサスペンションで保持され、質量負荷のないダンピング状態で制御される。マグネットシステムとフォイルレイアウトも最適化され、より高い能率と広帯域、優れたリニアリティーを実現したという。フロントパネルも従来より拡大され、取り付けもバッフルと同一化することで振動膜をより理想的に保持できるとのこと。

Premium 501/301の2機種については、これまでのモデルでも採用実績がある「LDR 2642 MKII」リボントゥイーターを採用している。

Premium 501

Premium 301

MDS(Maximum Displacement Suspension)ウーファーユニットも改良されており、新キャビネットとリボントゥイーターに合わせて調整されているという。ロングストローク動作を前提に設計され、広い空間においてもダイナミックでパワフルな低音パフォーマンスが楽しめると紹介されている。

またラウンド型のキャビネットは内部に不要な定在波を徹底して抑制、再生レスポンスを高めて中-低域周波数帯域における従来以上に鮮明な伝送パターンを獲得したという。またフロア型モデルについては、特定の周波数の干渉防止のために、スパイク付きベースプレートを採用した。

いずれのモデルでも3タイプの仕上げが選択可能。アルマイト処理されたシルバー仕上げ(カバー:シルバー)に加え、オプションとしてホワイト塗装仕上げ(カバー:シルバー)、アルマイト処理されたブラック仕上げ(カバー:ブラック)を用意している。オプション仕上げは価格が40,000円アップとなる。スピーカー端子はいずれもシングルワイヤーとなる。

Premium 701は、LDR 3056リボントゥイーターに加えて、140mm MDSウーファーを2基搭載。うち1基で中域をカバーする。再生周波数特性は34Hz-50kHz、能率は91dB、インピーダンスは4Ω、クロスオーバー周波数は150Hz/3kHz。外形寸法は268W×1,095H×256Dmm、質量は約30.0kg。

Premium 501はスリムなフロア型スピーカーで、LDR 2642 MK IIリボントゥイーター、120mm MDSウーファーを2基搭載(1基が中域を担当)。再生周波数特性は36Hz-50kHz、能率は90dB、インピーダンスは4Ω、クロスオーバー周波数は200Hz/3.2kHz。外形寸法は240W×1,045H×230Dmm、質量は約23.0kg。

ブックシェルフ型のPremium 301は、LDR 2642 MK IIリボントゥイーター、120mm MDSウーファーを1基搭載する。再生周波数特性は39Hz-50kHz、能率は89dB、インピーダンスは4Ω、クロスオーバー周波数は3.2kHz。外形寸法は180W×340H×230Dmm、質量は約9.0kg。専用スピーカースタンド「Stand 300」(125,000円/ペア・税抜)も用意している。

なお、従来のPremiumシリーズは販売終了となる。

関連記事