オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アルゲリッチ『ショパン:ピアノ・ソナタ』も

エソテリック、「名盤復刻シリーズ」SACD 2タイトル。カラヤン指揮『チャイコフスキー:3大バレエ』など

編集部:小澤貴信
2017年11月10日
エソテリックは、「名盤復刻シリーズ」としてSACDハイブリッド盤2タイトルを12月8日より発売する。

『チャイコフスキー:3大バレエ〜≪白鳥の湖≫≪くるみ割り人形≫≪眠れる森の美女≫組曲』
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


・品番:ESSD-90171
・仕様:Super Audio CDハイブリッド
・定価:3,611円+税

『ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番≪葬送行進曲付き≫/第3番/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ/スケルツォ第2番』
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)


・品番:ESSG-90172
・仕様:Super Audio CDハイブリッド
・定価:3,611円+税

『チャイコフスキー:3大バレエ』は1961年/65年の録音で、カラヤンが名プロデューサー、ジョン・カルショーとのコラボの元、ウィーンフィルおよびDECCAと共に精力的に録音を行った時代の作品。『ショパン:ピアノ・ソナタ』はアルゲリッチが1967年/74年にミュンヘンで録音を行った作品。いずれもマスターテープの選定から最終的なDSDマスタリングの工程に至るまで、妥協を排した作業が行われている。また、DSDリマスタリングには、ESOTERICのDACとクロックジェネレーターが用いられている。

関連記事