オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
エレクトリのブースをレポート

<TIAS>MAGICOの新スピーカー「M6」が世界初披露。ペア2300万円/McIntoshのポタアンが参考出展

編集部:成藤正宣
2017年09月29日
本日9月29日から10月1日まで、東京・有楽町の国際フォーラムでは「2017東京インターナショナルオーディオショウ」(TIAS)が開催。ガラス棟5階に配置されたエレクトリのブースでは、McIntosh、MAGICO、HEGEL、PASS、ATC、METRONOMEなど同社が取り扱う錚々たるハイエンドオーディオブランドの各製品が出展されていた。

MAGICO「M6」が世界初披露されたエレクトリのブース

今回のTIASで世界初披露となったのが、MAGICOの最新スピーカーにしてMシリーズのトップエンドとなる「M6」(23,000,000円/ペア)だ。この超ハイエンドスピーカーは、カーボンファイバー・モノコックエンクロージャーやグラフェン振動板ユニットのさらなる進化を実現。近年のハイエンドスピーカーをリードしてきたブランドのひとつであるMAGICOの最新モデル、しかも今回がワールドプレミアとあって、ハイエンドファンから大きな注目を集めていた。

McIntoshからは先日、従来モデルを置き換える多数の新製品が発表。いずれも10月10日の発売を予定しており、会場には全てのモデルが揃っていた。

初のポタアンとなる「MHA50」は海外発表されたばかり

「MA9000」「MA8900」「MA7200」は、それぞれ従来モデル「MA8000」「MA7900」「MA6700」を置き換えるプリアンプ。デジタル入力を「DA1 デジタルモジュール」に統合しており、将来新しい規格が登場してもモジュール交換だけで対応できる設計としている。「MA9000」は定格出力300W+300Wで8バンドのイコライザーを搭載。「MA8900」は定格出力200W+200Wで5バンドのイコライザーを搭載。「MA7200」は定格出力200W+200Wで、イコライザーを搭載しない。

McIntoshの新製品が勢ぞろいとなった

「MHA150」はPCM 384kHz / 32bit、DSD 11.2MHzのUSB入力に対応するヘッドホンアンプで、「MHA100」の後継。スピーカーで音楽を聴くような前方定位をヘッドホンでも再現する、HXDクロスフィールド機能を搭載する。ヘッドホンアンプでありながら50W+50Wのスピーカー出力も内蔵しており、専用スピーカーをセットにしたオーディオシステム「MXA80」も用意する。

「MA9000」

「MA8900」


「MA7200」
その他、9系統のデジタル入出力を備えるデジタルプリアンプ「D1100」、真空管とA/Dコンバーターを内蔵したフォノイコライザー「MP1100」、一つのピックアップレンズでSACDもCDも読み取るディスクプレーヤー「MCD350」、コンパクトなSACDトランスポート「MCT80」などの製品も一挙に公開した。

参考出展品として、同社初のポータブルヘッドホンアンプ「MHA50」を展示。iOS/Android/Windows/Macに対応したDAC内蔵アンプで、aptXコーデック対応のBluetoothレシーバーも内蔵する。11.2MHz DSD、192kHz/32bit PCMに対応し、3,000mAhバッテリーにより6時間の連続再生を可能としている。日本への導入時期は未定だが、価格は10万円前後で予定しているという。真空管プリメインアンプのプロトタイプ「MS252」も昨年に引き続き出展されていた。


真空管フォノイコライザー「MP1100」

McIntoshからは試作機も多数出展されていた
そのほかHEGELのCDプレーヤー「MOHICAN」や、MARGINGのRoon対応ネットワークプレーヤー「NADAC PLAYER」なども出展されていた。


「NADAC PLAYER」は内部を確認できるデモ機も展示されていた

関連記事