オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ただいま制作中!8月20日発売のAA162号

ノードストより“謎のアクセサリー”が登場、その正体とは?

オーディオアクセサリー編集部・伊佐山
2016年07月29日
現在制作中、8月20日発売の『オーディオアクセサリー162号』(関連ページ)では、米国のハイエンドケーブルブランド“ノードスト”の特別インタビューを掲載予定だ。同社で国際セールスとプロダクトトレーナーを兼任するビヨン・ベングトソン氏が来日していたので、同社製品を取り扱う(株)エレクトリにて、インタビューを行った。

ノードストの国際セールスとプロダクトトレーナーを兼任するビヨン・ベングトソン氏

ベングトソン氏が今回の来日にあたり、持って来た大きなトピックスは2つ。ひとつは、ノードスト初となるイーサネットケーブルの発売開始。「HEIM2 ETHERNET」(90,000円/1m)と「HEIM2 ETHERNET」(50,000円/1m)の2モデルが登場する。インタビューでは、ここに投入されたこだわりの技術をたっぷりと伺った。

もうひとつのトピックスが、写真の製品。この謎の物体のモデル名は「Sort Lift」。ノードストのフラット型スピーカーケーブルの設置用に開発されたケーブルインシュレーターだ。

ノードストの新製品はケーブルインシュレーター「Sort Lift」。価格はペアで68,000円(税別)。9月1日発売予定

ベース部はアルミニウム製でかなり重厚な仕様。ワイヤー部はニッケル・チタニウム合金に、ノードストのケーブルでも採用されているFEP皮膜を被せたもので、スプリングシステムとして機能。絶妙なテンションとホールド感が魅力となっている。

ケーブルインシュレーターはジャンルとしては多くのものが登場しているが、安定感とホールド感、デザインも含めて、これほどまでの製品はなかったように思う。

ノードストのスピーカーケーブルを実際に設置してみたが、垂直に立てることができ、引き回しも抜群。もちろん通常の丸型のケーブルも対応できる仕様になっているとのことだ。価格は2個ペアで68,000円(税抜)。9月1日発売。特にノードストの愛用者にとっては注目のアイテムだ。

「Sort Lift」にノードストのスピーカーケーブルを設置した様子。垂直に立てての引きまわしが可能

これらの詳細に関しては8月20日発売『オーディオアクセサリー162号』(関連ページ)に掲載されるので、ぜひともお楽しみに。

関連リンク

関連記事