オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
約1.5mの高級SPケーブルも同梱

フォステクス、ハイレゾ対応DAC内蔵アンプとスピーカーをセットにした自作キット「KANSPI-HiRes」

編集部:川田菜月
2016年06月22日
フォステクス カンパニーは、自作スピーカーキット"かんすぴ"シリーズより、ハイレゾ対応DAC内蔵アンプとスピーカーのセット「KANSPI-HiRes」を6月下旬に発売する。価格は27,000円(税抜)。

:KANSPI-HiRes かんすぴハイレゾセット

セット内容は、DAC内蔵アンプ「PC200USB-HR(関連ニュース)」、スピーカーシステム「P802 S(関連ニュース)」、スピーカーケーブルとなる。

PC200USB-HRは、15W+15Wのデジタルアンプを搭載したモデル。ヘッドホン出力も装備し、USB-DAC/スピーカー出力/ヘッドホン出力/ボリュームコントローラーの4つの機能を集約する。

ボリューム部には、大型ステンレス削り出しシルバーノブを採用。ボディは堅牢性にも優れた金属製ブラックボディを採用する。

P802-Sは、小音量でも高音質を実現したという、コンパクトサイズで2ウェイバスレフ型のスピーカーシステム。

トゥイーターにはUFLC ソフトドーム振動板を採用。内部損失が高く軽量な振動板により、周波数特性は40kHzの高域までカバーするという。8cm口径のウーファーは、コーン紙に適度な剛性と内部損失を保有する木材パルプを採用。エッジにはウレタンフォーム材を使用して、十分な低音特性をもたせたとしている。

また、高級スピーカーケーブル(約1.5m)も同梱。単品販売はされておらず、本セット製品にのみ同梱されるもので、PC200USB-HRに同梱されるケーブルと交換して使用が可能。

関連記事