オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アナログから最新デジタルまでを聴く

ラックスマン、真空管パワーアンプ「MQ-300」試聴会を新横浜・本社試聴室で12月5日に開催

編集部:小澤貴信
2015年11月12日
ラックスマンは「第2回 創業90周年記念試聴会」と題して、300B搭載・真空管ステレオパワーアンプ「MQ-300」の試聴会を、新横浜のラックスマン試聴室にて12月5日(土)に開催する。本日より予約受付も開始した(予約フォームはこちら)。


今年、創業90周年を迎えたラックスマンは、新横浜の社内試聴室で実施するイベントの第6弾として今回の試聴会を開催。この秋に発売した同社31年ぶりの直熱三極管300B搭載・真空管ステレオパワーアンプ「MQ-300」を、ラックスマン本社に試聴室にてじっくりと堪能できる試聴会となる。

テーマは「アナログから最新デジタルまでをMQ-300で聴く」としており、アナログプレーヤー/デジタルプレーヤー、フォノイコライザーをはじめラックスマンの最新製品も多数登場する。イベントの詳細は以下の通りだ。

「第2回 創業90周年記念試聴会」
 ー アナログから最新デジタルまでを300B真空管ステレオパワーアンプMQ-300で聴く -

■日時:
2015年12月5日(土)
 1回目:10:30〜11:45
 2回目:13:00〜14:15
 3回目:15:00〜16:15
(計3回、各75分)

■会場:
ラックスマン株式会社  試聴室(地下1F)
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1-3-1
TEL:045-470-6991(営業部)

※JR新横浜駅篠原口から徒歩9分。アクセスマップは(こちら

■定員:
各回10名程度(要予約)

■システム:
真空管ステレオパワーアンプ:「MQ-300」
真空管プリアンプ:「CL-38u」
CD/SACD プレーヤー:「D-08u」+ DELA「N1A」
アナログプレーヤー:「PD-171AL」+ Ortofon「MCQ30」
真空管フォノイコライザー:「EQ-500」
スピーカーシステム:TANNOY「CANTERBURY/GR」
ケーブル、電源ボックス:「JPU-150」「JPR-10000」「JPC-10000」「ES-35」など

■応募方法:
応募フォーム、または電話で申し込みのこと

応募フォームはこちら

【応募用の電話番号】
ラックスマン広報部 「90周年記念真空管アンプMQ-300試聴会」係
TEL/045-470-6992

※人数が定員に達し次第、各回の受付を終了するとのこと

関連記事