オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
AK240も機能拡張アップデート

AK380の最新ファーム公開、11.2MHz DSDネイティブ再生が可能に

編集部:風間雄介
2015年11月12日
アイリバーは、Astell&Kernのポータブルオーディオプレーヤー「AK380」「AK240」について、最新のファームウェアを配信開始した。

AK380

AK380の最新ファームウェアバージョンは1.17。新たに、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生に対応した。

また機能面ではAK CD-RIPPERに対応したほか、CUEシートにも対応した。そのほか、apt-X機器とペアリングした際、apt-Xロゴを表示するようにした。安定性も改善される。

AK240の最新ファームウェアは、バージョンが1.28。20バンドのEQ機能を追加したほか、AK CD-RIPPER、CUEシートに対応した。こちらも安定性改善をあわせて行っている。

関連記事