オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
総額1000万円以上のシステムを展示

【CES】エソテリックはGrandiosoシリーズをアピール/タンノイ「REVOLUTION XT」に自信

オーディオアクセサリー編集部 筑井真奈
2015年01月14日
CES2015のエソテリックブースでは、すでに日本でも発表され、大きな話題を呼んだGrandiosoシリーズを大々的に展開。

Grandiosoシリーズを大々的に展開

SACDトランスポートのP-1、モノラルDAコンバータのD-1×2台、プリアンプのC-1、モノラルパワーアンプのM-1×2台とフラッグシップとなる同シリーズが一堂に勢ぞろい。マスタークロックG-01も含め、総額1,000万円以上となるシステムを展示し、世界各国のバイヤー、ディストリビューターから高い関心を集めていた。

エソテリックの主要シリーズが一堂に会していた

また、タンノイブースでは、Martyn Nash氏とTim Lount氏を直撃。インターナショナルオーディオショウで来日し、『オーディオアクセサリー』誌のインタビューが非常に印象的だったことも語ってくれた。

Tim Lount氏(写真右)とMartyn Nash氏(写真左)


こちらはタンノイのトールボーイスピーカー「Revolution XT8F」

ブックシェルフスピーカー「Revolution XT6」
「これまでのタンノイの歴史を踏まえつつ、新しいテクノロジーを取り入れた製品を開発している」とMartyn氏は語り、「REVOLUTION XT」シリーズへの自信をのぞかせた。

別室ではCanterbury/GRも展示していた

関連記事