オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「Beethoven Concert Grand」の後継機

【CES】Vienna Acoustics、新スピーカー「Beethoven Concert Grand SE」世界初公開

オーディオアクセサリー編集部 筑井真奈
2015年01月13日
米国ラスベガスにて現地時間1月9日まで開催された「2015 International CES」。オーストリア・ウィーンに拠点を構えるVienna Acousticsのブースでは、新スピーカー「Beethoven Concert Grand Symphony Editon」が世界初公開された。

ウィーンアコースティックスのデモルーム

“Concert Masterシリーズ”の上位機種である「Beethoven Concert Grand」の後継機となるモデル。Beethoven Baby Grand、Mozart Grandなどにも登場してきたSymphony Editonのクラスとなる。

ワールドプレミアで公開されたBeethoven Concert Grand SE

Beethoven Concert Grand SEの背面端子

Concert Masterシリーズはその名の通り、まさにコンサートホールにいるかのような音楽再生を目指し、パワーとスケール感のあるモデルを生み出し続けて来たが、このモデルではさらに「透明さ」と「明瞭さ」を向上させたことが特徴だという。7インチのXPPスパイダーコーン・ウーファー×3、6インチのX3Pミッドウーファーに、1.1インチのネオジウム・トゥイーターを搭載。インピーダンスは4Ω、周波数特性は28Hz〜20kHzとなる。

また、別部屋ではImperial SeriesのLisztもフィーチャーしており、こちらも引き続き展開していく予定とのことだった。

Lisztをメインに据えたデモルームも

関連リンク

関連記事