オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
単線スピーカーケーブルとしても使用可能

アクロリンク、「7N Cu D.U.C.C.Stressfree」芯線の屋内配線用電源ケーブル

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月28日
(株)アクロジャパンは、ACROLINK(アクロリンク)ブランドの屋内配線用電源ケーブル「7N-P4040F」を11月4日より発売する。価格は1mあたり8,000円(税抜)。


7N-P4040F
いわゆるF(Flat)ケーブルと呼ばれる屋内配線用のパワーケーブル。なお同社では「配線が可能な環境であれば単線スピーカーケーブルとしても使用可能だ」としている。

芯線(ホット、コールド)には、2.0mm径で単線仕様の「7N Cu D.U.C.C.(Dia Ultra Crystallized Copper)Stressfree」を使用。三菱電線が開発したオーディオケーブル用高純度銅導体を使用することで高音質化を図った。

なお、D.U.C.C.は結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上まで大きく成長させ、かつ結晶格子の方向性を揃えたという素材。母線、伸線工程、アニールなどの製造工程を最適化することで「オーディオ信号の伝送に最適な方向性」を備えた線材に仕上げたのだという。

加えて、絶縁体には高品位ポリエチレン樹脂を採用。また、独立したグラウンド専用線(2.0mm単線)を加えて3芯構造とし、適切に撚ることによって構造的に対ノイズ特性を極小化を図った。そしてポリプロピレンの介在を形成後、シールド層として銅箔テープを巻き付けて外部ノイズの混入を遮断しているほか、最外周の外シースにはポリエチレン樹脂を採用している。

外形寸法は12mm径で、導体抵抗が4mΩ/m。静電量は26pF/m。

関連リンク

関連記事