オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
10月25日・26日で合計4回のイベントを実施

秋のヘッドホン祭で角田郁雄氏がオーディオ試聴イベントを開催 ー テーマはハイレゾとアナログ再生

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月17日
10月25日と26日の2日間にわたって東京・中野サンプラザで開催される「秋のヘッドホン祭 2014」にて、オーディオ評論家の角田郁雄氏が「ハイレゾミュージックとディスクメディアの今を聴く」と題したオーディオ試聴イベントを行う。

角田郁雄氏

本イベントは、下記のように2日間で全4回を実施。一堂に集めた注目のオーディオ製品でハイレゾ音源やアナログレコードを試聴しながら、角田氏が各モデルの魅力や使いこなしのポイントについて紹介していく。詳細については、角田氏より以下のコメントが寄せられている。

角田郁雄氏のコメント
「この秋も、私が注目するモデルの魅力を披露します。基本再生システムは、国内はもとよりアメリカなどで高い評価を得ているハイレゾスピーカー“SONY SS-AR1”、プリアンプに“LINN KLIMAX KONTROL”、モノラルパワーアンプに“LINN KLIMAX SOLO”を用いた、めったには聴けない構成です。ハイエンドモデルも登場しますが、一方でちょっと頑張れば手にできそうなモデルも紹介。また、バッファローのNAS“N1Z/A”を使うと、USB-DACがネットワークプレーヤーになるという新しい再生方式も披露します。アナログレコードやハイレゾ再生を始めたい方もぜひ、お越しください」

SONY「SS-AR1」

BUFFALO「N1Z」

イベントの開催場所・日時、および各回の内容は以下の通り。当日は各社のヘッドホンと共に、本イベントでオーディオ再生の魅力も味わってほしい。

■イベント名:
「ハイレゾミュージックとディスクメディアの今を聴く」

■会場:
中野サンプラザ 15階「フォレスト」

■各回の開催日時と内容
10月25日(土) 12:00〜13:20 「アナログレコード再生の魅力」

クリアオーディオのアナログプレーヤー「Innovation Compact」+リニアトラッキングアーム「TT-3」、そしてLINNのアナログプレーヤー「KLIMAX LP-12」を使用してレコードを演奏し、アナログ再生の魅力を解説します。さらにはPS Audioの「NuWave Phono Converter」と「Direct Steam DAC」を使用し、レコードの“ダイレクトDSD再生”も披露します。

10月25日(土) 15:00〜16:20 「ネットワークプレーヤーの魅力」

LINN「KLIMAX DS」、SFORZATOのフラグシップモデル「DSP-01」、LUMIN「S1」+「Music Server L1」、CHORD「DSX-1000」と注目のネットワークプレーやーが集結します(ご希望により、時間延長で、26日に来れない方のためにLUXMAN D-08u × DELAのネットワーク再生も披露予定)。

10月26日(日) 11:00〜12:20 
「バッファロー社のNAS、N1Z、N1Aの使いこなしと最新機能を知る」


バッファローのNAS「N1Z」「N1A」の使いこなしと最新機能を紹介。LINN「KLIMAX DS」、LUXMAN「D-08u」、PS Audio「Direct Stream DAC」を用いて、ネットワーク再生からUSB-DACを用いた最新の再生方法までデモンストレーションを行います。

10月26日(日) 14:00〜15:30
「ハイエンドネットワークプレーヤーVS ハイエンドデジタルプレーヤー」


SONY「HAP-Z1ES」、Playback Designsの「MPS-5」、SFORZATO「DSP-01」LUMIN「S1」、SONY「NW-Z1ES」、CHORD「Hugo」など注目モデルを一堂に会して、ネットワークプレーヤーVSデジタルプレーヤーをテーマに徹底試聴を行います(時間延長で、HAP-Z1ESとプリメインアンプ「TA-A1ES」でオールSONYによる再生も実施予定)。

関連記事