オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
筐体はアルミダイキャスト製

Zonotone、同社初の電源ボックス「ZPS-6000」 ー 内部配線に4種混合導体を採用

ファイル・ウェブ編集部
2014年08月18日
Zonotoneは、同社初となる電源ボックス「ZPS-6000」を9月初旬より発売する。価格は130,000円(税抜)。

「ZPS-6000」

これまで多くの電源ケーブルをラインナップしてきたZonotoneだが、電源ボックスは本機が初となる。その理由については、ユーザーからの要望もあり、同社としてもその重要性を熟知していたが、それだけに長い開発期間をかけたとのこと。Zonotoneがこれまでに培った電源技術を惜しみなく投入したという。

電源ボックスの筐体には、アルミダイキャストを使用。電源ボックス筐体に求められるのは何より制振性の高さと考え、剛性が高く振動に強い、かつシールド効果にも富むアルミダイキャストを選択した。

内部配線については、本機のために設計した超高純度6NCu、高機能純銅線HiFC、純銀コートOFC、高純度無酸素銅の4種をハイブリッドした3.5スケアの導体を採用している。

音質や画質への影響を徹底排除するために、ノイズフィルターやコンデンサー類は一切搭載していない

さらに、音質や画質の微細な変化を避けるために、ノイズフィルターやコンデンサー類を一切搭載せず、「シンプル・イズ・ベスト」のコンセプトでクオリティを最優先したという。また、コンセント、インレットには24金メッキを採用している。

インレットは3Pタイプを6口搭載、許容電流値は15A(125V)。外形寸法は220W×110H×120Dmm、質量は2.4kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル電源ボックス
  • ブランドZONOTONE
  • 型番ZPS-6000
  • 発売日2014年9月初旬
  • 価格130,000円(税抜)
【SPEC】●筐体:アルミダイキャスト ●配線材:超高純度6NCu、高機能純銅線HiFC、純銀コートOFC、高純度無酸素銅の4種をハイブリッドした3.5スケアの導体を採用 ●インレット:3Pタイプ(6口) ●許容電流:15A(125V) ●外形寸法:220W×110H×120Dmm ●質量:2.4kg

関連記事