オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ディスカウントプライスで買えるチャンス!

MYTECのDSD11.2MHz対応USB-DACプリ「MANHATTAN DAC」のプレオーダーが間もなく締め切り

季刊・ネットオーディオ編集部
2014年07月14日
今井商事(株)は、同社が取り扱うマイテック・デジタルの最新モデル「MANHATTAN DAC」(¥720,000/税別)を、ディスカウントプライスとなる600,000円(税別)で購入できるプレオーダー・キャンペーンを開催している。期間は2014年7月15日までとなり、間もなく受付が終了する。


DSD 11.2MHzの再生に対応したマイテック・デジタルの新モデル「MANHATTAN DAC」
本機はDSDネイティブ再生対応USB-DACの中でも、スタンダードモデルとして高い評価を獲得した「Stereo192-DSD DAC」の上級機にあたるモデル。5月に開催されたMunich HIGH ENDにて初めてプロトタイプが展示され大きな話題となったが、今年8月の発売を目指して現在最終調整が進められている。

最大の注目となるのは、最大11.2MHzのDSDのフォーマットに対応している点。またPCMフォーマットは384kHz/32bitまで対応するなど、DSDの派生となるDXDフォーマットも見据えた豊富な対応力を実現している。


MANHATTAN DACのリアパネル
各種デジタル入力系統もスタジオで活躍する同社らしく実に豊富。USB1.1とUSB2.0、FireWireといったパソコンへの接続端子を始めとして、RCA同軸、光TOSなどのS/PDIFフォーマットやAES/EBU、そして業務用DSDレコーダーへ接続できるSDIF3も装備するなどしている。

また、内部のファームウェアのアップによって、常に最新の仕様へアップグレードできることも大きな魅力だろう。

なお、今回のプレオーダーでは、予約時に前金として300,000円が必要となる。詳細は今井商事(株)のサイトで公開されている。

関連リンク