オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ロスの徹底排除を目指したシステム

【独HighEnd】アヴァンギャルド、“オールインワン”の新コンセプトスピーカー「ZERO 1」

季刊ネットオーディオ編集部 浅田陽介
2014年05月18日
現地時間の5月15日よりドイツ・ミュンヘンにて開催されているMunich High End 2014。地元のスピーカーブランドであり、日本でも極めて高い人気を誇るavantgarde(アヴァンギャルド)のブースでは、同社の新しいコンセプトをふんだんに盛り込んだホーンシステム、「ZERO 1」がショウ初展示され、大きな話題を呼んでいる。

アヴァンギャルドが新しいコンセプトの下に開発したオールインワンスピーカー「ZERO 1」

ZERO 1は、薄い直方体のボディに長年にわたって培ってきた同社のホーン型スピーカーへのノウハウを凝縮した最新モデル。コンセプトは非常に明確で、「コンパクトなサイズでシンプルなデザインで、全てを網羅したオールインワンシステムであること」というものだ。

同社のブースではZERO 1を中心としたデモを展開

デモにはオープンリール・テープも使用された

最大の特徴は、トゥイーター、ミッドレンジ、ウーファーの全てを内蔵されたアンプでドライブすることで、オールインワンシステムというコンセプトの通り、USB、光TOS、RCA同軸、AES/EBUのデジタル入力を用意。

カラーはブラックも用意する

DAコンバーター部にはバーブラウン製の24bit DACが3つ搭載されており、内部に入力されたデジタル信号は全て352.8kHzにアップコンバートされる仕組みを採用している。現在主流となっているデジタルオーディオに対して、極限までロスをなくすという考え方が徹底されているといえるだろう。

また、ワイヤレス接続にも対応しており、アップルのAirPort Expressなどを使用してワイヤレス伝送を行う場合は2.4GHz帯に対応するとのことだ。

またオプションで、RCA、XLR各1系統のアナログ入力を用意。このアナログ入力から入力された信号は、内部で88.2kHz/24bitのデジタル信号にコンバートされる仕組みとなっている。

トゥイーター、ミッドレンジは50Wを出力するクラスDアンプで動作。ウーファーは400Wを出力するクラスDアンプでドライブされる。このアンプ部はすでに高い評価を獲得している同社のXAアンプをベースとして開発されたとのことだ。

さらには66bitプロセッシングのFPGAを搭載しており、入力されたデジタル信号をユニット直近まで高精度なデジタル信号で送り込む仕様となっている。

ホーンの形状はスフェリカルを採用。ユニットサイズはトゥイーターが25mm、ミッドレンジが125mm、ウーファーが300mmとなる。

関連リンク

関連記事