オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
随所にEPICONのエッセンスを投入

【独HighEnd】ダリ、新エントリー「RUBICON」シリーズを発表

季刊ネットオーディオ編集部 浅田陽介
2014年05月18日
現地時間の5月15日にドイツ・ミュンヘンにて開幕したMunich High End 2014。日本でも人気が高いデンマークのスピーカーブランドDALIは、エントリークラスの新シリーズ「RUBICON」を発表した。

DALIのブースでは、新シリーズRUBICONを徹底的にアピール

RUBICONシリーズは使用ユニットを始め、随所に同社のトップシリーズであるEPICONの開発で培った技術を投入したシリーズ。

トゥイーターは29mmのドームとリボンからなるリボントゥイーターモジュールを搭載。EPICONで極めて高い評価を獲得したこのモジュールを、RUBICON用に最適化して搭載している。

29mmドームとリボントゥイーターによるトゥイーターモジュールは、上位シリーズEPICONで採用されたものをRUBICON用に最適化したもの

ウーファー/ミッドレンジは同社の代名詞ともいえる16.5mmのウッドファイバーコーンを採用したものを搭載。ボイスコイルに近接する部分にSMC(ソフト・マグネティック・コンパウンド)を採用している点もEPICONと同様となる。

ミッドレンジ/ウーファーには、SMCを搭載した16.5mmのウッドファイバーコーンを採用している

キャビネットには強度を確保したMDFを採用し、内部はミッドレンジ/ウーファーをセパレートした構造を取る。また、各ウーファー毎には自然な空気の流れを確保すべくダクトが設けられている。

シリーズを構成するのは全部で5モデル。ブックシェルフの「RUBICON 2」、ハイブリットトゥイーター・モジュールと1基のウーファーを搭載する「RUBICON 5」、2基のウーファーを搭載する「RUBICON 6」、3基のウーファーを搭載する「RUBICON 8」、そしてウォールマウントスピーカーの「RUBICON LCR」がラインアップされる。なお、RUBICON 2のみ、ハイブリットトゥイーター・モジュールは採用されていない。

ブックシェルフのRUBICON 5。写真はウォルナット

ウォールマウント型のRUBICON LCRもラインアップする

仕上げはハイグロスブラック、ハイグロスホワイト、ウォルナット、ロッソの全4色が用意されている。

RUBICON 8のハイグロスホワイト

関連リンク

関連記事