オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
全4色/イエローから順次発売

ユキム、ORACLE初の192/24対応USB-DACと新CDプレーヤー

ファイル・ウェブ編集部
2013年05月15日
(株)ユキムは、カナダORACLEブランド初の192kHz/24bit対応USB-DAC「Paris DAC 250」と、CDプレーヤー新モデル「Paris CD 250」6月に発売する。両機とも価格は525,000円(税込)で、イエロー/レッド/ブラック/ホワイトの4色を用意。最初にイエローモデルから発売を開始する。

Paris DAC 250

チップにはバーブラウン製「PCM1792」を採用。アナログ部は同社のノウハウを結集して作り上げた4つのフル・ディスクリート設計で、基板はモジュール化され、それぞれが完全に独立。これにより相互干渉を完全に排除したとしている。さらに192kHz/24bit対応のUSB入力部も、他の基板同様モジュール化され、アナログ部、DACセクションとも完全分離させている。

Paris DAC 250

電源部は、2つの異なる高品位トランスを使用し音質へ配慮。また、新たなDC・フィルタリング・ネットワークを開発し、外部からの電気的なノイズ成分を抑えている。

ボリュームコントロールも備えるほか、入力には上記USBに加えて同軸デジタルを2系統、光デジタル1系統と、合計4系統を装備。同社では「パワーアンプやアクティブスピーカーに直接接続できるフレキシビリティも持っている」としている。なお、出力には同軸デジタル出力を1系統、アナログ出力にRCAとXLRを1系統ずつ搭載している。

背面端子部

そして新たにメカニカル・デカップリングを開発。ウレタン・ダンパー・システムにより、「他の機種に比べてコストを抑えながらも、素晴らしいマイクロ・バイブレーション・リジェクション(微小な振動の拒絶)を実現した」という。

Paris CD 250

メカニズムには、オーストリアStream Unlimited社のORACLE特注仕様を採用。この特別仕様によって読み取られた情報をバーブラウン製「PCM1792」で処理する。

Paris CD 250

アナログ部や電源部は、上記USB-DAC「Paris DAC 250」同様の技術を投入しており、4つのフル・ディスクリート設計を採用したほか、電源部に2つの異なる高品位トランスを使用。新開発のメカニカル・デカップリングも採用している。

端子部はデジタル入出力にS/P DIFを1系統、アナログ出力にRCA とXLRを1系統ずつ装備している。

背面端子部

【問い合わせ先】
ユキム
TEL/03-5743-6202

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルD/Aコンバーター
  • ブランドORACLE
  • 型番Paris DAC 250
  • 発売日2013年6月
  • 価格¥525,000(税込)
【SPEC】●デジタル入力:S/P DIF RCA (75Ω) ×2、TOS ×1、USB ×1 ●デジタル出力:S/P DIF RCA ×1(75Ω) ●アナログ出力:RCA ×1、XLR ×1 ●外形寸法:430W×103H×380Dmm ●質量:6.8kg
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドORACLE
  • 型番Paris CD 250
  • 発売日2013年6月
  • 価格¥525,000(税込)
【SPEC】●デジタル入力:S/P DIF RCA (75Ω) ×1 ●デジタル出力:S/P DIF RCA ×1(75Ω) ●アナログ出力:RCA×1、XLR×1 ●外形寸法:430W×103H×380Dmm ●質量:7.2kg

関連記事