オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
据え置きユニット「SRM-252S」も登場

スタックス、カナル型タイプのイヤースピーカー「SRS-002」− インイヤータイプ「SR-003MK2」も

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月12日
(有)スタックスは、カナル型イヤホンタイプのシステム「SRS-002」と「SR-003MK2」、「SRS-005SMK2」を11月初旬より発売する。ハイエンドショウトウキョウで参考出展されていたモデルが正式発表された格好だ。各製品の詳細は以下の通り。

SRS-002 ¥47,250(税込)


SRS-002
イヤホン部「SR-002」とヘッドホンアンプ「SRM-002」のセットモデル。イヤホン部のSR-002は、同社が「イン・ザ・イヤースピーカー・システム」と呼ぶ、プッシュプル静電型を採用したカナル型イヤホン。初代機のS-001や後継機S-001Mk2をベースにしながら、振動板を約15%薄く軽量化した。またイヤーパッドの形状を改良し、快適な装着感が得られるようS/M/L3種類のイヤーパッドも付属した。さらに安定した装着感が得られるよう、専用のヘッドバンド(オーバーヘッドアーク)も付属している。再生周波数帯域は20Hz〜20kHz、静電容量は44pF。

ヘッドホンアンプ部「SRM-002」は電源部を改良し、消費電力をアルカリ乾電池使用時で0.75Wに抑えた。アルカリ電池だけでなく、起電力が低いニッケル水素充電池などでも十分な性能を発揮するという。電池持続時間はエコモード時で5時間以上、ノーマルモード時で4時間以上(いずれもアルカリ電池使用時)。周波数特性が20Hz〜20kHz(-3dB)、ゲインは54Bで、歪みは0.1%以下。外形寸法は66.5W×27.5H×110Dmm、質量は102g(電池含まず)。


SRS-005SMK2 ¥52,500(税込)

インイヤースピーカータイプの「SR-003MK2」と、据え置き型ドライバーユニット「SRM-252S」のセットモデル。「SR-003MK2」は26,250円(税込)で単体販売もされる。

「SR-003MK2」は、「SR-002」と同様、振動膜を薄くすることで約15%軽量化を実現。STAX5ピンPROバイアスコードを装着した製品で、PROバイアスコンセントを装備したドライバーユニットと組み合わせて使うことができる。

SR-003MK2

据え置き型ドライバーユニット「SRM-252S」は、外形寸法132W×38H×132Dmm、質量540g。周波数特性はDC〜35kHzで、利得は58dB。入力インピーダンスは50kΩ。定格入力レベルは125mV/100V出力となっている。電源は専用のACアダプターを使っての駆動となる。

SRM-252S

【問い合わせ先】
(有)スタックス
TEL/049-258-2660

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSTAX
  • 型番SRS-002
  • 発売日2012年11月初旬
  • 価格¥47,250(税込)
【SPEC】<イヤホン部>●再生周波数帯域:20〜20kHz(±4dB) ●静電容量:44pF ●音圧感度:110dB/100V r.m.s/1kHz ●イヤーピース:シリコンゴム製S/M/L ●質量:28g(付属コードを含む)
<ドライバーユニット部>●周波数特性:20〜20kHz ●ゲイン:54dB ●歪み:0.1%以下 ●入力インピーダンス:10kΩ ●定格入力電圧:100mV/50V出力 ●外形寸法:66.5W×27.5H×110Dmm ●質量:102g(電池含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSTAX
  • 型番SR-003MK2
  • 発売日2012年11月初旬
  • 価格¥26,250(税込)
【SPEC】●再生周波数帯域:20〜20kHz(±4dB) ●静電容量:44pF ●音圧感度:110dB/100V r.m.s/1kHz ●イヤーピース:シリコンゴム製S/M/L ●質量:38g(付属コードを含む)
  • ジャンルその他
  • ブランドSTAX
  • 型番SRS-005SMK2
  • 発売日2012年11月初旬
  • 価格¥52,500(税込)
【SPEC】●再生周波数帯域:DC〜35kHz ●利得:58dB ●高調波歪:0.01%以下 ●入力インピーダンス:50kΩ ●定格入力レベル:125mV/100V出力 ●外形寸法:132W×38H×312Dmm ●質量:540g

関連記事