オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
素材の一部に庵治石を採用

ダイテツ、AZISブランドのデスクトップオーディオ「S1」&スピーカー「CUE360」

ファイル・ウェブ編集部
2012年07月27日
(株)ダイテツは、AZISブランドからデスクトップオーディオシステム「S1」、無指向性スピーカーシステム「CUE360」を発売した。

・デスクトップオーディオコンポ「S1」/¥472,500(税込)


デスクトップオーディオコンポ「S1」
コンパクトなアナログプリメイン「type 302」、サテライトスピーカー「type 320」とサブウーファー「type 350」の組み合わせによるデスクトップオーディオシステム。

本体の素材の一部に、四国・高松特産の庵治石を研磨したパーツを使っているのが同ブランドの製品の特徴。精密に加工された金属パーツと組み合わせて、一台ずつハンドメイドで製作している。

アンプの最大出力は22W×2。サブウーファーの出力は50W。外部ソース機器とPhoneジャックを使って接続する。

スピーカーは両サイドに庵治石を用い、角度を持たせたデザインとしている。5cm口径のスピーカーユニットを採用。周波数特性は40Hz〜20kHz。インピーダンスは8Ω。フロント側にバスレフポートを備えている。

サブウーファーはエンクロージャーの内部に庵治石を貼り、共振と定在波を抑える構造とした。ウッドはホワイトシカモアを採用。ユニットサイズは12cm、インピーダンスは8Ω。


・無指向性スピーカーシステム「CUE360」/¥997,500(ペア・税込)


CUE360

サブウーファーも商品化を予定
“エンクロージャーを持たないスピーカー”として、無指向性をアピールするフロア型のスピーカー。上下にレイアウトされたウーファーとトゥイーターから音が発生し、センターに位置する石球で360度拡散する。好みに応じて素材を選べるオーダーメイドにも対応する。

秋には本機と組み合わせてシステムを構成できるサブウーファーの販売も予定されている。


関連リンク

関連記事