ヨーロピアンサウンドスピーカーも登場

デノン、iPhone/iPodのデジタル接続に対応したハイコンポ「M39シリーズ」

2012/07/23 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
デノンは、iPhone/iPodの音源再生にも対応したCDレシーバー、スピーカーをセットにしたハイコンポシステム“M39シリーズ”を8月上旬に発売する。


M39シリーズ/シルバー・木目

M39シリーズ/ブラック・ブラック
CDレシーバー「RDC-M39」にはブラックとプレミアム・シルバーが揃い、価格は44,940円(税込)。スピーカー「SC-M39」はブラックと木目のバリエーションが用意され、価格はペアで18,690円(税込)。ともに2010年発売のM38シリーズ(関連ニュース)の後継機種となる。

RCD-M39は横幅210mm、奥行き308mmのコンパクトなサイズを実現したシステムのセンターユニット。CDドライブ、FM/AMチューナー、iPhone/iPodのデジタルダイレクト再生に対応したUSB端子をフロントパネルに備えるほか、テレビやPCなどの音声を高音質に楽しめるよう、光りデジタル端子も背面に搭載した。


RCD-M39/シルバー

RCD-M39/ブラック
回路は音声信号を忠実に再生できるよう、シンプルかつストレートに構成。デジタル部、アナログ部は相互に干渉を及ぼさないよう、筐体内部で分離された設計とした。デジタル部の電源はディスクサーボ、USB用とDA変換部用に分離されている。

同社ではこれにピュアな音楽再生を実現するための的確なグラウンド配置と合わせた、ノイズを抑えるための3つの設計思想を「トリプル・ノイズ・リダクション・デザイン(T.N.R.D)」と読んでいる。


リアパネル
CDメカはディスクの回転振動を前モデル比で40%改善した、新開発のメカニズムを搭載。

パワーアンプは30W×2の出力を実現。基板には熱伝導率、電磁シールド効果に優れる材質を用いて、放熱性とノイズ低減効果を高めている。電源部にもストレートサーキットの思想を採り入れ、低域の力強さとキレのある高域を実現したという。

本体フロントパネルのUSB端子にはiPhone/iPodを接続してダイレクト再生が楽しめるほか、接続中はiPhone側の充電も行える。USBメモリーに保存したMP3/WMAファイルの再生も可能だ。

スピーカーターミナルはバナナプラグ対応の大型ターミナルを採用。サブウーファー用プリアウトも設けた。

「SC-M39」は2ウェイ・2スピーカー バスレフ型のブックシェルフスピーカー。ウーファーは12cmコーン型、トゥイーターは2.5cmソフトドーム。


SC-M39/木目

SC-M39/ブラック
サウンドはヨーロッパのサウンドデザイナーとデノンのエンジニアによる協業で完成されたヨーロピアンサウンドチューニングを採用。

トゥイーターは内部のエアーの熱膨張を防ぎ、振動板のセンタリングを一定に保つベンチレーションホールを設けている。ボイスコイルなどからの熱による音への影響を排除したという。

ウーファーは磁気回路にアルミショートリングを追加し、ウーファーの電流歪みを低減。クリアなサウンドを実現した。

再生周波数帯域は45Hz〜40kHz、入力インピーダンスは6Ω。ターミナルはバナナプラグ対応。


【問い合わせ先】
D&Mホールディングス
TEL/044-670-5555

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
新着記事を見る
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドDENO
  • 型番RCD-M39
  • 発売日2012年8月上旬
  • 価格¥44,940(税込)
【SPEC】●実用最大出力:30W+30W(6Ω、JEITA) ●適合スピーカーインピーダンス:6Ω〜16Ω ●入出力端子:USB端子×1、光デジタル音声出力端子×1、アナログ音声入力×1、ヘッドホン出力×1、サブウーファー出力(MONO)×1 ●消費電力:70W ●外形寸法:210W×115H×308Dmm ●質量:4.0kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドDENON
  • 型番SC-M39
  • 発売日2012年8月上旬
  • 価格¥18,690(税込)
【SPEC】●形式:2ウェイ・2スピーカー バスレフ ●再生周波数帯域:45Hz〜40kHz ●入力インピーダンス:6Ω ●外形寸法:145W×238H×234Dmm ●質量:3.5kg(1本)