オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
木材変更による巧みなチューニング

寿庵、後面解放のコンパクトスピーカー「KODATI」のメイプルモデルを限定発売

季刊オーディオアクセサリー編集部
2012年06月07日

KODATI
対馬に本拠を置くスピーカーブランド寿庵は、同社のラインアップのなかでもコンパクトモデルに位置する後面開放型スピーカー「KODATI」のメイプルモデルを数量限定で発売した。
価格は¥69,800(ペア)で、20ペア限定での販売となる。

本機で使用した木材は18mm厚の無垢メイプル材。後面開放というシンプルな構造を持つスピーカーなだけに、こうした木材の変更は音質へ大きな変化を与える。

また、木材の変更に合わせてエンクロージャー内部の構造を見直し、左右非対称の構造とした。これにより、オリジナルのKODATIよりも華やかな音質を獲得したという。

なお、同社ではこうした木材の変更にもユーザーの好みに合わせて柔軟に対応すべく、豊富な木材をストックしているという。オーダーメイドも受け付けているので、部屋の環境にあったスピーカーを制作することができることも魅力だろう。

関連記事