ステレオとモノラルの2機種

オーディオテクニカ、独自技術「はっきり音」採用テレビ用アクティブスピーカー

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月15日
オーディオテクニカは、独自の音声補正用技術「はっきり音」を採用したテレビ用のスピーカーを7月13日に発売する。ラインナップはステレオスピーカーとモノラルスピーカーの2機種。

■ステレオアクティブスピーカー
・「AT-SP220TV」¥OPEN(予想実売価格4,000円前後)

AT-SP220TV

独自開発した音声補正用技術「はっきり音」機能を採用しており、ニュースの音声やドラマなどの台詞を明瞭に聴くことができる、アンプ内蔵タイプのアクティブスピーカー。テレビの音声信号に連動するオートパワーオン/オフ機能も搭載している。内部にはφ52mmのスピーカーユニットを搭載。最大出力は1,200mW+1,200mW。

サイズは170W×105H×86Dmmで、質量は約465g。本体には大型の電源スイッチとボリュームノブを備え、使いやすさと視認性を向上させた。テレビとの接続用に3.5mmステレオミニ入力を備えている。また、3.5mmヘッドホン出力も備えている。

単3形乾電池×4で駆動し、3mW+3mW出力時で約50時間の連続使用が可能。また、別売のACアダプター(DC6V)も使用可能。背面にはコード収納部も設けている。


■モノラルアクティブスピーカー
・「AT-MSP55TV」¥OPEN(予想実売価格2,000円前後)

AT-MSP55TV

独自の音質補正回路を内蔵しており、音声帯域の音圧を上げることで音声やセリフを明瞭にすることができるモノラルスピーカー。ブラックとホワイトの2種類をラインナップする。

本体サイズは90W×133H×89Dmmで、質量は約294g。内部にはφ55mmのスピーカーユニットを搭載する。最大出力は1,500mW。入出力に3.5mmステレオミニ端子を1系統ずつ装備している。

こちらも大型電源スイッチ/ボリュームノブを備え、使いやすさ、視認性を向上させた。駆動は単3形乾電池×4で、約70時間の連続使用が可能。そのほか、背面にコード収納部も設けている。

【問い合わせ先】
オーディオテクニカ
TEL/0120-773-417
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-MSP55TV
  • 発売日2012年7月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格2,000円前後)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-SP220TV
  • 発売日2012年7月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格4,000円前後)

関連記事