オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

パイオニア、“カロッツェリア”のスピーカー/パワーアンプなど14機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年05月07日
パイオニア(株)は、スピーカーやパワーアンプなど“カロッツェリア”ブランドのカーオーディオコンポーネント14機種を5月下旬より発売する。ラインナップと各製品の詳細は下記の通り。

■カスタムフィットスピーカー「C シリーズ」
・17cm 2 ウェイスピーカー TS-C1710A II ¥29,400(ペア・税込)
・16cm 2 ウェイスピーカー TS-C1610A II ¥28,350(ペア・税込)
・10cm 2 ウェイスピーカー TS-C1010A II ¥28,350(ペア・税込)


カスタムフィットスピーカー「C シリーズ」
車室内を理想的な音響環境に整える“Open&Smooth”コンセプトを上位モデルから継承しつつ、価格を抑えた高CPモデル。ワンタッチ接続アダプターが付属しており、各メーカーのスピーカー端子に対応する。インピーダンスはいずれも4Ω、定格入力は1710が40W、1610が30W、1010が25W。

高強度アラミド繊維テクノーラとガラスクロスで発泡PPを挟み込んで一体成形した「IMXファイバーコーン」を採用しており、歪みを抑え入力信号の忠実再生を実現しているという。

磁気回路は、同社の最高級カーオーディオスピーカーなどに採用されている「ハイ・トランジェント・ショートヴォイス」で、入力信号を忠実にスピーカーの振幅に変えることで低歪み化・低域のレスポンスを向上させたとのこと。

フレームにはアルミダイキャスト製の「フルバスケットフレーム」構造を採用。振動板などから受ける力をフレーム全体で受け止め、不要な反作用成分を低減するという。

口径2.5cmのボイスボビン一体型ダイヤフラムはチタン製。バックチャンバーと組み合わせることで、広帯域にわたるフラットな再生帯域を確保した。またクロスオーバーを低く設定することで周波数特性の乱れを排除し、中域の定位感や音場感を獲得している。


■カスタムフィットスピーカー「F シリーズ セパレートタイプ」
・17cm 2 ウェイスピーカー TS-F1720S ¥ 15,750(ペア・税込)
・16cm 2 ウェイスピーカー TS-F1620S ¥ 14,700(ペア・税込)
・10cm 2 ウェイスピーカー TS-F1020S ¥ 13,650(ペア・税込)


カスタムフィットスピーカー「F シリーズ セパレートタイプ」
2.9cmセミハードドームタイプトゥイーターを採用。クロスオーバーを低く設定することで、中域の定位感/音場感を獲得したという。インピーダンスはいずれも4Ω、定格入力は1720が30W、1620が30W、1012が20W。

ウーファーには、剛性が高く応答性に優れた振動板「IMCC」を採用。磁気回路には軽量かつ駆動力に優れた「4層CCAWボイスコイル」を採用することで、中域から低域まで原音に忠実な再生を実現するとのこと。

クロスオーバーネットワークは本シリーズ専用設計。パーツにもこだわっている。また、3段階の感度調整機能を搭載し、設置位置などに応じて最適なバランスを実現するという。

そのほか「ワンタッチ接続アダプター」を付属。TS-F1720Sのみ、幅広い車種への取付を可能にする取付ブラケット3種も同梱している。


■チューンナップトゥイーター
TS-T410 ¥5,250(ペア・税込)


TS-T410
2.9cmセミハードドームトゥイーターを採用しており、高域側の再生帯域を確保しながら低域側のピストンモーション域を大幅に広げたのが特徴。外形寸法44W×48H×26Dmm、質量340gと、ダッシュボードに取り付けやすいコンパクトなデザインとなっている。

再生周波数帯域は2,300Hz〜21,000Hzで、出力音圧レベルは91dB。定格入力は30W(4Ω時)。


■インナーバッフル

インナーバッフル(写真はUD-K521)
トヨタ/ダイハツ/AUDI/VOLVO 車用 
UD-K521 ¥3,675(ペア・税込)

日産/スズキ/マツダ車用
UD-K522 ¥3,675(ペア・税込)

ホンダ/三菱/日産車用
UD-K524 ¥4,200(ペア・税込)

スバル車用
UD-K525 ¥4,200(ペア・税込)

スズキ/VW/日産/マツダ車用
UD-K526 ¥3,675(ペア・税込)

トヨタ車用
UD-K528 ¥5,775(ペア・税込)

MDF素材を採用したインナーバッフル。低域再生のために必要なドア内側鉄板の強度を補うことで、低域のレスポンスを向上させたという。またインナーバッフル底面にはウレタン処理が施されているため、ドア内側鉄板との密着施工が可能だ。低密度発泡層の遮音クッションも同梱されている。


■2chパワーアンプ
PRS-D700 ¥31,500(税込)

新採用のデジタル統合ICを搭載したクラスD回路と厳選パーツにより高音質化を図ったことに加え、4層基板の採用や部品レイアウトの工夫により、従来比半分以下の容積に抑えるなど小型化を実現したのが特徴。定格出力は125W×2(4Ω)/150W×2(2Ω)/300W×1(4Ω)。周波数特性は10Hz〜30,000Hzで、SN比は105dB、全高調波歪み率は0.004%(4W、1kHz)。


2chパワーアンプ PRS-D700
左右スピーカーをステレオアンプで鳴らすシステムから、高域・中域・低域用の左右スピーカーユニットをモノラルアンプとして鳴らすL/R完全独立マルチアンプ・マルチスピーカーシステム構築まで幅広い再生システムに対応している。

オペアンプにはリニアテクノロジー社製の高性能オペアンプを採用。高スルーレートで正確なパルス波を生成し、低歪み率でスピード感溢れる音楽再生を実現するという。


【問い合わせ先】
パイオニア
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-111

関連記事