オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
3月10日より発売

エソテリック、SACD「名盤復刻」に2作品を追加 − カラヤン作品とクーベリック作品

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月13日
エソテリック(株)は、SACD「名盤復刻シリーズ」に2作品を追加。3月10日より発売する。価格は両作品とも3,300円(税込)。

■ブルックナー: 交響曲第7番
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
品番: ESSE-90059
仕様: Super Audio CDハイブリッド


1970 年から翌71年にかけて録音されたこのブルックナーの交響曲第7番は、日本では同時期に録音された交響曲第4番「ロマンティック」との組み合わせで3枚組LPとして1971年に発売され、音楽之友社「レコード・アカデミー賞」を受賞するなど高い評価を得た、人気の名盤。

■モーツァルト: 交響曲第35番「ハフナー」、第40番、第41番「ジュピター」
ラファエル・クーベリック(指揮)
バイエルン放送交響楽団
品番: ESSS-90060
仕様: Super Audio CDハイブリッド


チェコの名指揮者で作曲家でもあったラファエル・クーベリック。本作品は、1980年6月と10月の2回に分けて収録されたモーツァルトの後期6大交響曲から3曲を採ったもので、発売当初からその充実ぶりが高く評価され、1982年度レコード・アカデミー賞を受賞した名盤。

【問い合わせ先】
エソテリック AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

関連リンク

関連記事