オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
都内西蒲田でのデモンストレーション&試聴会

出水電器、ALLIONアンプの定例試聴会を4月30日に実施 − 最新3ウェイ化の成果を聴く

オーディオアクセサリー編集部
2011年04月22日
(有)出水電器によるオリジナル国産ブランド、ALLION(アリオン)のアンプを聴く定例試聴会が、東京・西蒲田で4月30日の土曜日、18:00から実施となる。毎月末の土曜日に実施しているが、先月は震災の影響により延期となったため、2カ月ぶりの開催となる。


3ウェイ化された試聴システム。最上段のプリメインアンプは特注T-200sv。スーパートゥイーターにはPT-R7Aを使用

ALLIONアンプの製品ラインアップ
この試聴会は、長年のアンプ発売元としてのノウハウと、通称"マイ柱"と呼ばれる究極のオーディオ電源供給法の実施など、こだわりのノウハウを持つ出水電器によるアンプ「ALLION」の実際の音に、より多くの方に触れていただこうというもの。

また、先端のデジタル処理でさまざまな機能を高音質に実現することで話題となっているデジタルプロセッサー「DEQX」の効果や、話題のPCオーディオ「DPAT」の音も体験できるという盛りだくさんな試聴会になっている。毎回、参加者が持ち寄ったお気に入りの愛聴盤CDを中心に聴き、その実力と魅力を味わいながら、高音質盤の情報交換などを楽しむひとときとして好評を得ている。

前回の試聴会実施のあと、出水電器社長の島元澄夫氏は試聴システムのさらなる向上を追求するための課題、スピーカーシステムの3ウェイ化の実現に取り組み、最新のPCオーディオ(DPAT)を含めての出川式電源のフル装備など、また進化した音を追求。もちろん、システム再構築にあたっては、DAC、プリアンプ、チャンネルデバイダー、デジタルプロセッサーとして活躍しているDEQX HDP-3の綿密な再調整を、取り扱い元のKurizz-Labo栗原信義氏がすでに実施している。これまでとは違う、さらに魅力的な音の再現が可能になったので、今回は特に期待してほしいとのことだ。

試聴会へ愛聴盤を持ち寄り、順番に再生していく。お互いの持ち寄ったソフトの情報交換も、こうした場では楽しい

なお、試聴会後には、オーディオ談義をみんなで楽しむ懇親会が開催される(こちらへの参加は自由で、参加費が必要)。

●「ALLION」ブランドについて
“マイ柱上トランス”など、こだわりのオーディオ用電源工事で知られる(有)出水電器が、そのノウハウとオーディオアンプ販売元としての長年の経験を生かし、パーツから電源部、さらに音質の練り上げまで、オーディオの理想を徹底的に追求して開発を行っているオリジナルアンプブランド。プリメインアンプ「Ultimate T-100」(346,000円/税込)「Ultimate T-125sv」(630,000円/税込)に続く、ステレオパワーアンプ「S-200」(693,000円/税込)は、「オーディオ銘機賞2010」を受賞している。

●ALLIONの取り扱い
(有)出水電器[東京・西蒲田事務所]
東京都大田区西蒲田2-1-6
TEL/03-3755-555

【ALLION定例試聴会】
●日時:4月30日(土) 18:00〜
●開催場所:(有)出水電器 西蒲田事務所 大田区西蒲田2-1-6
       TEL/03-3755-5558
 (タクシーの場合、「大城通りの池上温泉」にて)
●試聴会は無料:ただし、スペースの都合上、予め参加の連絡が必要
●試聴会後に懇親会を開催。こちらの参加は自由で、会費3,000円、お酒を飲まない人は2,000円

関連記事