オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
振動モード分散型ハイブリッドインシュレーター

オヤイデ、振動モード分散型ハイブリッドインシュレーター「INS-CF」を発売

オーディオアクセサリー編集部
2009年05月20日
(株)小柳出電気商会は、不要振動をハイスピード処理する、振動モード分散型ハイブリッドインシュレーター「INS-CF」(税込み定価¥7,140/4個セット)を6月1日より発売する。


高剛性カーボンとテキサリュームとの振動モード分散型ハイブリッド構造の「INS-CF」
同社は、ヘッドシェル「HS-CF」やコンセントベースプレート「WPCシリーズ」で、カーボンの優れた振動処理能力を実証し、新たなる製品作りの土台を築き、そのノウハウを投入してインシュレーターという新ジャンルに反映させ完成したのが「INS-CF」である。

「INS-CF」は、カーボン素材の振動モードを分散させる新たなテクスチャー「テキサリューム」を、ドライカーボンにハイブリッドさせたインシュレーター。テキサリュームを30層に及ぶドライカーボンにハイブリッドすることにより、カーボンの新たなる性能を引き出すことに成功。カーボン特有の高速振動処理によって、解像度と低域のもたつきを改善。ハイスピードでシャープな音楽表現を実現する。

さらにテキサリュームによる振動モード分散効果によって、音楽の微細なニュアンスの向上を実現。小型軽量なので扱いやすく、インシュレーターとしてはもとより、オーディオ機器や周辺機器に載せたり貼り付けることで、チューニングチップとしても使用可能となっている。以下、特徴と使用方法をご紹介する。

■素材・構造の特徴
・高剛性カーボンとテキサリュームとの振動モード分散型ハイブリッド構造により、小粒ながら抜群の振動処理能を発揮
・テキサリュームを高密度1K綾織り、カーボンクロスを3K平織りとすることで、クロス密度を分散化
・マトリックス樹脂に高剛性エポキシ樹脂を使用し、十分な強度と耐久性を実現。エッジ部分はRを持たせ、欠けや傷つきを防止。oyaideロゴはレーザー刻印(テキサリューム面)を採用

■使用方法
・インシュレーターとして、オーディオ機器やスピーカーの下に挟み込む
・チューニングチップとして、オーディオ機器の天板や背面に載せたり貼り付ける。トーンアームやケーブル、電源タップなど、振動の影響を受けやすい個所への貼り付けも効果的
・カーボン面、シルバーカーボン面どちらを上下にしてもよく、好みに応じた音質チューニングが可能
・耐荷重は1個当たり6t。小型ながら重量級機器にも使用可能(平滑面に水平設置し、水平面全面で物を支えた場合)

【問い合わせ先】
(株)小柳出電気商会
TEL/03-5684-2151
新着記事を見る
  • ジャンルインシュレーター
  • ブランドOYAIDE
  • 型番INS-CF
  • 発売日2009年6月1日
  • 価格¥7,140/4個セット(税込み)
●材質:ドライカーボンクロス(CFRP)、テキサリューム(高密度ガラスファイバーにアルミニウム、メタリジングコーティング)、マトリックス(エポキシ樹脂)でFRP化、NC成形●積層数:30層(うち片面最表層にテキサリューム)●サイズ:直径20mm、高さ6mm(丸型)●質量:3g(1個)