オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

鬼才ズヴェーデンのブルックナー新録音盤が6月25日に発売

2008年06月09日
エクストンレーベルから、「ブルックナー:交響曲 第2番(ノヴァ―ク版1877年稿)」が6月25日にリリースされる。


ブルックナー:交響曲 第2番
本作はSACDの再生の他、CDの再生も可能なSACDハイブリッド盤で、SACD層には2chステレオ音声の他、5.0chのマルチチャンネル音声が収録されている。

指揮を務めたヤープ・ヴァン・ズヴェーデンは、欧米各地のオーケストラに招かれるなど、高い評価を得ている指揮者だ。演奏はオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団による。ブルックナーの第2番をズヴェーデンの見事な音楽バランス感覚によって、美しさ溢れる楽曲に仕上げられている。聴くものを音の奥底まで引きずりこませるほどの威力を持つ演奏を体感されてはいかがだろうか。

(AV REVEW編集部)

●アーティスト名:ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮)、オランダ放送フィルハーモニー
●作品名:ブルックナー:交響曲 第2番
●品番:EXCL-00014
●発売元:オクタヴィア・レコード
●価格:¥3,000
●発売日:6月25日