オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

第12回真空管オーディオフェアがアキバで開催中

2006年10月07日

第12回真空管オーディオフェアは秋葉原損保会館で開催中
10月7日(土)、8日(日)の2日間に渡り、秋葉原の町で「第12回真空管オーディオフェア」が開催されている。会場は秋葉原損保会館、入場料は一般500円(2日間有効)となっている。

イベント初日の7日は晴天にも恵まれ、オープン直後の午前10時から大勢の真空管オーディオファンが詰め掛けている。会場には26社が出展し、各社オーディオコンポーネントの試聴が楽しめるほか、イベントルームやパーツ、製品、書籍等の販売コーナーも設けられている。ぜひ足をお運びいただきたい。

【第12回真空管オーディオフェア】
■会場:秋葉原 損保会館 2階、4階、5階
(千代田区神田淡路町2-9 JRお茶の水駅・秋葉原駅より徒歩3分)
■入場料:500円(高校生以下は無料)2日間有効
■主催:真空管オーディオ協議会
■ホームページ:http://www.kankyuu-fair.jp/


チューブ ビズが出展するプリメインアンプ「Classicシリーズ」も注目を集める

各社の試聴デモンストレーションが賑わいをみせる


高音質CDの販売コーナーも人気だ

山本音響工芸のスピーカー「YS-605P」(左)と「YS-604」(右)。個性派スピーカーが集まるのもこのイベントの醍醐味だ

(Phile-web編集部)