オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

第一無線、トライオード/ムラタ/パストラルシンフォニーによるコラボレート試聴会を開催

2006年06月13日

トライオード「TRV-M300SE」

村田製作所「ES103A/B」

パストラルシンフォニー「Cz302ES」
愛知県豊橋市の第一無線は、トライオード/ムラタ/パストラルシンフォニーの3メーカーの製品が参加する試聴会を6月18日(日)に豊橋市駅前文化ホールで開催する。詳細は以下の通り。

『トライオード/ムラタ/パストラルシンフォニー Let's Try コラボレート試聴会 in TOYOHASHI』〜三味一体の宴(うたげ)〜

●日時:6月18日(日) 13:00〜17:00 (途中休憩あり)
●進行:3社の製品を交互に演奏。リクエスト、LP、CD持参も可

●インストラクター:トライオード 山崎順一氏、パストラルシンフォニー 福田三恭司氏、村田製作所 金子貴之氏
 ハイエンドショーや、CESショーへの参加で息のあった3人による営業ツアーや開発裏話なども披露予定

●メーカーからのコメント
<パストラルシンフォニー>
 今年のCESでマイクロピュア初の海外販売を開始したCz302ES。105kHzまでのレスポンスと、高域での正確な波形再現を可能にするmuRataスパートゥイーターを世界で初めて搭載。
 最高級フレームメイプル、マホガニーの総単板キャビネットを楽器のように響かせるそのサウンドは、スーパーフルレンジと呼ぶにふさわしいナチュラルな響きをお聞き下さい。専用スタンドも初登場。
 Cz302ESにも採用された10cmフルレンジユニットを搭載したキューブ。フジテレビ、毎日放送、ふくしまFM、愛地球博等で続々と採用され、ロングランヒットを続けているAP5001。
 手のひらサイズの小さなスピーカーが、70名は入れるリハーサル室一杯に音楽を満たす感動をどうぞ貴方も体験してみて下さい。 ハイエンドショー恒例!飛び入りJAZZライブもあるかも・・

<トライオード>
 TRV-35SEを単体で使用した場合とTRV-4SEプリアンプを使用した場合の違いの検証
TRV-M88SEと845Signatureの聞き比べ試聴をおこないます。
 後半にはTRV-4SEプリアンプと845Signatureパワーアンプでアナログディスクを充分に聴いていただきます。

<村田製作所>
 2000年4月発売開始以来、オーディオファイルに長くご支持いただいている球形ツィーターES103シリーズ、ES105。
 今回の試聴会では、SPENDOR S8e、B&W 805Sと組合せ、CD、アナログディスクを試聴しながら、その違いを試聴体験いただきます。
「百聞は一聴にしかず」ぜひともご自身の耳でご体感ください。

●会場
  豊橋市駅前文化ホール (リハーサル室)
   http://www.bunzai.or.jp/sisetsu/sisetsu2/index.html
  会場地図 http://www.kaihatsukikou.co.jp/building.htm
  住所 〒440-0888
  豊橋市駅前大通二丁目33番地の1 開発ビル10階
  交通 JR豊橋駅徒歩5分
  駐車場/なし(公共地下駐車場をご利用ください)

●主催 お問い合わせ 第一無線 担当:宇井氏
 愛知県豊橋市萱町17
 TEL/0532-54-5245 FAX/0532-54-2627
 http://www.daiichimusen.co.jp/
 営業時間:10:00〜19:30 定休日:水曜日 駐車場有

・Phile-web関連記事
  http://www.phileweb.com/hihyou/more/27.html
  http://www.phileweb.com/hihyou/more/20.html
  http://www.phileweb.com/hihyou/255/2087.html

(Phile-web編集部)

関連記事