オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ヴァイオリンとチェンバロのための作品集 第4弾が発売

2006年01月05日

『J.S.バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのための作品集vol.4』

(有)コジマ録音(ALM RECORDS)はこの度『J.S.バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのための作品集vol.4』をリリースした。同シリーズはバッハのヴァイオリンとチェンバロの作品を異稿の鍵盤編曲版なども含めてすべて録音しようという意欲的なシリーズである。

バロックバイオリンを担当する桐山健志の艶やかな演奏と表現力に一層磨きがかかり、特に無伴奏パルティータなどは大変聴き応えのある内容に仕上がったという。ぜひともお楽しみいただきたい。

(季刊・オーディオアクセサリー編集部)

タイトル:『J.S.バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのための作品集vol.4』
演奏:桐山健志(バロックバイオリン)、大塚直哉(チェンバロ)
品番:ALCD-1072
価格:¥2,940

関連リンク