オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

オヤイデ、エントリー級の電源ボックスや同軸ケーブル、プラグなど新製品多数発売

2005年07月19日
(株)小柳出電気商会(オヤイデ電気)は、エントリークラスの電源ボックス「MTS-6」や純銀製の同軸ケーブル「FTVS-510」、電源プラグ「P-046」「C-046」など新製品を7月に相次いで発売した。

■電源ボックス「MTS-6」


MTS-6
電源ボックス「MTS-6」は23,100円(税込)。6口のストレートタイプで、シンプルな構成と外観が特徴のエントリー向けモデルだ。

本体は非磁性のオーステナイト系SUS304ステンレス材を採用。さらに本体には真鍮削り出しのスパイクを標準装備。出荷時は4点支持だが、センターにネジ穴が設けられており、好みで3点支持への変更も可能。

インレットには定評あるIEC320を採用。真鍮材に導電率の高い純銀厚肉メッキを施し、さらに仕上げとして通常の3倍の厚さのロジウムメッキと高品質2層メッキを施した。

内部配線は4N2.0mm無酸素銅線が使われ、ハンダ付けにはPbフリーハンダを使用。バランスの良い音色が特徴だという。

■同軸ケーブル「FTVS-510」


FTVS-510
「FTVS-510」は、映像用の純銀製同軸ケーブル。価格は1mあたり4,200円(税込)。アンテナケーブルとしてだけでなく、音声、デジタル(75Ω)信号ケーブルとしても利用できる。「HD信号は100m以上の伝送を保障する」という。

中心導体には5N(99.9995%)純銀を使用。高度な生産管理の下高周波電気炉による連続鋳造、19工程にも及ぶ冷間圧延、2度に渡る焼鈍作業、ダイヤダイスによる引き抜き加工、スキンパス処理などを行い、結晶粒界に隙間のない銀線を可能にした。

絶縁体はテフロンとFPEの複合絶縁層で、「すべてテフロンで絶縁した方が誘電率は低くなるが、異種マテリアルを使用することにより、振動の分散を図るのが目的」という。ただしテフロンには静電気を帯電するという弱点があるため、、絶縁層の外周または内周に半導体層を設けることにより、導体に影響を与えることなく静電気の放出を可能にしている。

また、銀メッキ銅編組と銅箔テープの2重シールド、UVカットのポリウレタンを使用した外装も特徴となる。

■電源プラグ「P-046」「C-046」

電源プラグ「P-046」「C-046」は、いずれも7,875円(税込)。「厚く色濃く艶のある音色、すなわち快楽的音色を付加させる為に設計」したという。同社では「オヤイデ電気がお送りする電源プラグ/IECコネクターの最終兵器」とも表現しており、本機に対する自信が窺える。

P-046

C-046

メッキはSWO-XXXと同じく厚肉24K金メッキ+パラジウムメッキを施した。またインレットと接触する刃受け部分には1.4mm厚りん青銅を使用。刃受け部分とケーブルの引っ張り強度は30kgと強固な設計を採用している。

ボディには高比重のエンプラ素材PBT+GFを使用。本体カバーには肉厚のポリカーボネイトを採用することで強度を確保した。

さらに、ステンレス製ビスを採用しているのでネジ山をつぶす心配がない、最大外径17mmのケーブルへの対応など、自作をする際の使い勝手を考慮した設計が特徴となっている。

【問い合わせ先】
(株)小柳出電気商会
TEL/03-5684-2151

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドOYAIDE
  • 型番上記参照
  • 発売日2005年7月
  • 価格上記参照
【SPEC】
【MTS-6】
●取付けコンセント数:6口 ●内部配線:4N2.0mm無酸素銅線 ●コンセント:オリジナルコンセント ●入力方式:オリジナルインレット IEC320 INRET ●外形寸法:W 70 × H 50 × L 385 ●質量 :1.6Kg ●筐体:1.6mmステンレス ●入力ケーブル:なし

【FTVS-510】
●導体:1.05mm 5N(99.9995%)純銀 スキンパス加工 ●絶縁体:テフロンスキン層+発泡ポリエチレン ●シールド:銅箔+銀メッキ銅(編組率95%以上) ●外装:UVカットポリウレタン ●インピーダンス:75 Ω ●静電容量 :56.5 nF/Km ●波長短縮率:74.5% ●減衰量:23.1 dB/Km ●導体抵抗 :21 Ω/Km ●外径:8.0mm

【P-046/C-046】
●ブレード:脱酸りん青銅(表面研磨) ●メッキ:2回磨き上げの後、厚肉24K金メッキ(1.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ) ●ケーブル適応外径 :最小6.5mm  最大17.0mm ●最大ケーブル適応ゲージ:AWG10(5.5sq)