オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

「九州ハイエンド・オーディオフェア」が大盛況裡に閉幕!

2004年04月06日
<左>会場となった福岡国際会議場 <右>アヴァンギャルド社のハイエンドシステムも実際に試聴できた
●去る3月20日(土)、21日(日)の2日間、福岡国際会議場で開催された「九州ハイエンド・オーディオフェア」が大盛況のうちに閉幕した。これは北九州市小倉北区に本店を置く(株)マックスオーディオ(大原晴三社長)主催によるもので、今回が初めての開催だった。参加メーカーは60社以上、展示ブランドはなんと約160ブランドを数えた。

A〜Fに分かれた6つのブースには、国内外有名ブランドの新製品を中心に展示。来場者の要望に応えるかたちで、自由に試聴できるシステムで、各ブースとも連日熱気につつまれたフェアとなった。なかでも、JM lab Grande Utopia Beやアヴァンギャルド社のTRIO+6BassHorn(1セット¥18,000,000)、パイオニア TAD TAD-M1の超弩級スピーカーたちのサウンドには誰もが圧倒されていた。また、Gブースには、アクセサリーコーナーやCDソフト、LPレコードの展示即売場も設けられ、来場者は、日頃なかなか手に入らないソフトやアクセサリーの物色に余念が無かった。

両日とも、午前10時開場、午後7時閉場で、3月20日(土)は快晴にも恵まれて来場者は1,000名を数えた。翌3月21日(日)はあいにく朝からの雨にたたられたが、それでも来場者数500名以上を達成、計1,500名の来場者を記録した。九州全域はもちろん、中国、関西地区から来た方も多数おり、なんと東北から来た強者もいたと言うから驚きである。

ここ数年で国内最大級のハイエンドオーディオショウとなったことは間違いない。一つのディーラーでこれだけの商品を揃えたことからも、同店の高い実力が伺えた。九州オーディオ業界はもとより、全国各方面への波及効果も期待できる好イベントだった。

(広瀬)