オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ティアック、ESOTERIC「D-70」のバージョンアップ・サービスを開始

2003年07月08日
●ティアック(株)ティアック エソテリック カンパニーは、ESOTERIC「D-70」のバージョンアップサービスを7月15日より受け付け開始する。サービスの開始は7月末からを予定している。バージョンアップの内容については以下を参照のこと。

【バージョンアップ概要】
■バージョンアップ対象製品:ESOTERIC D/Aコンバーター『D-70』
■バージョンアップキット型番:VUK-D70
■バージョンアップ費用:150,000円(税別)※引き取り、納品出張費は含まれない
■受付開始時期:2003年7月15日
■サービス開始:2003年7月末

【バージョンアップ・サービス内容】
<内部クロックを高精度化>
高精度水晶発振器(±3ppm以内、従来比10倍以上)を搭載し、より精度の高いD/A変換を実現。RAM Linkで入力ジッターを取り除き、高精度クロックによりD/A変換を行うというD-70の基本思想をより一層進化させるバージョンアップとなる。

<外部マスタークロックに対応>
従来から持つワードクロック(同期信号)出力機能(WORD SYNC OUT)に加え、ワードクロック入力機能(WORD SYNC IN)を追加し、外部マスタークロックジェネレーターによるワードシンク動作が可能となる。これにより、更に高精度な外部マスタークロックジェネレーターを導入することで、システム全体をグレードアップさせることが可能となる。(エソテリックからルビジウム発振器内蔵のマスタークロックジェネレーターが発売される予定)

<最大192kHzのWORD SYNCに対応>
デジタル機器のハイサンプリング化に伴い、これまでの88.2/96kHzに加え、176.4/192kHzのワードクロック(同期信号)の入出力にも対応。

<厳選された高品位パーツの採用>
高精度なクロック動作に対応したパーツを厳選して採用。さらに、初期型のD-70ユーザーには、フットスタンド別体式ピンポイント脚から、確実な設置が可能なフットスタンド一体型のピンポイント脚への変更を行う。フットスタンドはふらついた状態になっていますが、設置するとピンポイント支持になり、振動を効果的に分散させる(取説にイラストあり)。※床を傷付けたくない場合は、フットスタンドの裏に付属のフェルトを貼る必要がある。

【申し込み・問い合わせ】
バージョンアップの申し込みはESOTERIC/TANNOY取扱店へ(下記リンク参照)。取扱店が不明の場合はティアック(株)営業部 販売グループ(TEL:03-3592-1831)に問い合わせを。バージョンアップの内容に関する質問は、お客様相談室(TEL:0570-000-701)へ。

(Phile-web編集部)