オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

AKL新譜『心がやさしくなる音楽』はPhile-webにて絶賛発売中!

2003年07月01日
心がやさしくなる音楽〜「四つの愛」など〜/作曲家・松田宣正 バイオリン・斉藤明子 ピアノ・小宅やす乃
●音元出版の「季刊・オーディオアクセサリー」において、斎藤宏嗣氏をはじめとするオーディオ評論家各氏から絶賛を受ける赤坂工芸音研より、入魂の名盤クラシック・アルバムが登場しました!

今回発売となったタイトルは、現代作曲家の第一人者である松田宣正氏が書き下ろした新作を、赤坂工芸音研のエンジニア・石渡氏が秘蔵録音機材を駆使しし、HDDによる96KHz・24bit録音を実現した脅威の高品位アルバムです。

===================================================================================
♪♪【心がやさしくなる音楽〜「四つの愛」など〜/作曲家・松田宣正 バイオリン・斉藤明子 ピアノ・小宅やす乃】♪♪
===================================================================================
幾多の高品位ジャズ・アルバムでお馴染みのAKLレーベルは、近年、クラシック・アルバムにも意欲的である。本アルバムは、現在のAKLのクラシック部門を代表する1枚で、ジャズ録音で培われたノウハウを100%生かした注目すべき作品となった。作曲家の松田宣正が、ピアノ独奏とヴァイオリンとピアノのために書き下ろした叙情的な組曲風の小品集で、同レーベルのホームグラウンドでもある東武フレンド・ホールの豊かな空間を背景に、伸びやかで倍音領域の濃やかな音の粒子の粒立ちが印象的なヴァイオリン、クリスタルに磨き上げられた清潔感に溢れたピアノが立体感豊かに鮮明に映し出される。収録にはエンジニア・石渡義夫氏秘蔵のマイクが当てられ、メジャグラン社の新開発の高品位マイクアンプ、アコースティックリバイブ社特製の単芯マイクケーブル、HDDによる96KHz・24bit録音、など、AKLの最新鋭機材が投入されている。
(オーディオ評論家・斎藤宏嗣)

【曲目】
1. ノクターン
 <四つの愛>
 2. (1)アガペー
 3. (2)フィリア
 4. (3)ストルゲー
 5. (4)エロス
6. キレネット
7. アドレセンス(青春)
8. 散歩(さんぷう)
9. フォレット
10. 楽園の風景


【録音データ】
録音場所:赤坂区民ホール(2003年1月29日)
プロデュース:石渡義夫
録音:石渡義夫

===========================================================================

本タイトルの価格は3,000円となります。本作の魅力をぜひお確かめ下さい!

(Phile-web編集部)